S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週14回8時、20時にブログを更新しています!

MENU ■スポンサーリンク

【書評】焼肉で良く目にするお肉の部位についてご紹介します!

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

本日は読書投稿日ですので、オススメの本について紹介していきます。

まずは現在の読書数についてアップデートです。

 

■現在の読書数:461冊

■短期目標:500冊

 

それでは今週ご紹介する一冊はこちらです。

 

 

■スポンサーリンク

焼肉美味手帖

焼肉美味手帖 (知ればもっとおいしい! 食通の常識)

焼肉美味手帖 (知ればもっとおいしい! 食通の常識)

 

 

本書は、有名店である焼肉芝浦オーナー監修のもと、牛肉の部位や豚肉、鶏肉、ジビエ肉について解説した一冊になります。

 

焼肉は好きだけど、焼肉屋さんで部位の説明を受けても、イマイチ特徴が分からない。という方は多いのではないでしょうか?

 

こちらの本では、そんな方のためにお肉の部位に関する説明を、小ネタを挟みながら教えてくれています。

 

今回は、そんな本書で記載されている中から、特に焼肉屋さんで良く目にする部位について、3つご紹介していきましょう。

 

f:id:kadhinaru:20191019210904j:plain

 

1.ザブトン(ハネシタ)

最初にご紹介する部位は、ザブトン(ハネシタ)。

 

これは肩ロースの中でも首に近い部位であり、切り出した形が四角いのでこのように呼ばれている。とも言われています。

 

満遍なく綺麗なサシが入っているのが特徴的で、他の肩ロースに比べて弾力のある歯応えも魅力の一つです。

 

因みに、2010年以前は焼肉屋さんでロースと言えば赤身全般を指していたようですが、消費者庁からの指導により、最近では肩周りのお肉だけをロースと言うそうですよ!

 

2.ミスジ(ハゴイタ)

続いてご紹介する部位は、ミスジ(ハゴイタ)。

 

焼肉屋さんで良く目にする部位の一つですが、実は前脚の裏側に位置する部位なんだそうです。

 

薄い楕円形に切り落としていることが多く、先ほどのザブトンと比べても脂のサシが多いため、サッと炙っていただくことで、口の中に脂の甘みが広がります。

 

一頭から5キロ程度しか取れないので、焼肉屋さんで高級部位なイメージがあるのは、この希少価値から来ているのかもしれませんね!

 

3.ランプ(ラム)

最後にご紹介する部位は、ランプ(ラム)。

 

最近居酒屋でもよく目にするイチボというお尻のお肉と、ステーキで有名な腰肉のサーロインの間にある部位になります。

 

牛肉のお尻からモモにかけた部位は、脂が少なく引き締まった赤身肉が多いのですが、こちらのランプはサーロインに近いこともあり、適度なサシが入っています。

 

焼肉はもちろん、ステーキでも良く使用される部位なので、もし見かけた際は、サーロインの脂とイチボの赤身が合わさったバランスの良い部位。ということを意識しながら、楽しんでみてください!

 

■スポンサーリンク

BTOパソコン通販専門店 ご要望に合わせてカスタマイズ可能【STORM】

おわりに

ということで、今週はお肉に関する本について紹介させて頂きました。

 

この他にも、牛肉のホルモンや、豚肉や鶏肉の部位について、幅広く解説されていますので、これを読めば焼肉がより楽しくなるのは間違いありません。

より詳しい内容が知りたい方は、是非本書を読んでみてください(´∀`)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

■スポンサーリンク