S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週14回8時、20時にブログを更新しています!

MENU ■スポンサーリンク

【三国天武】覚醒星7武将を順番にご紹介していきます! その2

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

火曜日なので、引き続き三国天武というゲームについて投稿をしていきたいと思います。

 

 

まずは、私の現状の都市について紹介です。

 

都市:レベル156

f:id:kadhinaru:20191006203221j:plain

 

■スポンサーリンク

フリーランスエンジニアの案件紹介なら【tech tree】

 

それでは、三国天武最大の要素である、武将について解説していきます。

 

これまでの投稿では覚醒前星7武将を1体ずつ解説しましたので、今回からは覚醒星7武将の能力について見ていきましょう。

 

星7武将の覚醒方法についてはこちら!

www.hitobashiratoushi.com

 

覚醒星7武将は三国天武の中でも最も強い武将であり、どの武将をどれだけ強化できているかによって、そのユーザーの強さが決まる。と言っても過言ではありません!

 

天命に関しては覚醒前と変わりませんが、技能・覚醒・突破は覚醒することで大きく能力アップしますので、その3点を中心にご紹介していきます。

 

覚醒星7武将

貂蝉(ちょうせん)

f:id:kadhinaru:20191006203225j:plain

f:id:kadhinaru:20191006203232j:plain

f:id:kadhinaru:20191006203237j:plain

 

最初にご紹介するのは、群雄武将の貂蝉。

覚醒した貂蝉は復活のスキルに磨きがかかっており、覚醒によって自身の復活能力も得ることができます。

 

回復役としては非常に優秀なので、資源集めなどで回復を重視したい時に、活用してみてください!

 

覚醒前星7武将の能力はこちら!

www.hitobashiratoushi.com

 

張飛(ちょうひ)

f:id:kadhinaru:20191006203241j:plain

f:id:kadhinaru:20191006203244j:plain

f:id:kadhinaru:20191006203248j:plain

 

続いてご紹介するのは、蜀武将である張飛。

元々打たれ強かった張飛ですが、突破することにより、更なる回復力を得ることができます。

 

覚醒スキルで周囲の武将も強化できるので、序盤から中盤にかけてのの防衛武将としては、かなり優秀と言えるでしょう。

 

龐統(ほうとう)

f:id:kadhinaru:20191006203252j:plain

f:id:kadhinaru:20191006203257j:plain

f:id:kadhinaru:20191006203302j:plain

 

3人目にご紹介するのは、蜀武将の龐統。

敵を凍結させるパッシブスキルを持っているため、序盤の防衛武将としては活用できますが、あまり覚醒することの恩恵は大きくありません。

 

覚醒するには大量のアイテムを使用するため、他武将を覚醒するためにアイテムを温存した方が良さそうですね!

 

司馬懿(しばい)

f:id:kadhinaru:20191006203307j:plain

f:id:kadhinaru:20191006203311j:plain

f:id:kadhinaru:20191006203315j:plain

 

4人目にご紹介するのは、魏武将である司馬懿。

司馬懿、馬超、関羽、典韋のパーティを目指すなら、覚醒は必須の武将で、覚醒することでスキル範囲が2倍になります

 

他にも分身を召喚したり、攻撃時に体力回復の能力を得ることもできるので、ぜひ覚醒を目指してみてください!

 

周瑜(しゅうゆ)

f:id:kadhinaru:20191006203319j:plain

f:id:kadhinaru:20191006203323j:plain

f:id:kadhinaru:20191006203327j:plain

 

最後にご紹介するのは、呉武将である周瑜。

覚醒することによりスキルを連発できるようになりますが、いかんせんスキルの威力が低いので、そこまで魅力に感じません。

 

龐統と同じく、他の転生武将や吉札武将の覚醒を目指す方が良さそうですね。

 

■スポンサーリンク

おわりに

ということで今回は、覚醒星7武将について紹介させていただきました。

三国天武を始めたばかりの方やこれから始める方は参考にしてみて下さい(´∀`)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

■スポンサーリンク