S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週14回8時、20時にブログを更新しています!

MENU ■スポンサーリンク

【三国天武】武将を覚醒する方法と必要なアイテムとは?

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

火曜日なので、引き続き三国天武というゲームについて投稿をしていきたいと思います。

 

 

まずは、私の現状の都市について紹介です。

 

都市:レベル156

f:id:kadhinaru:20190923011137p:plain

 

■スポンサーリンク

 

それでは、三国天武最大の要素である、武将の覚醒方法について解説していきます。

 

これまでの投稿では覚醒前星7武将を1体ずつ解説しましたので、今回は星7武将の覚醒方法について見ていきましょう。

 

前回紹介した星7武将についてはこちら!

www.hitobashiratoushi.com

 

覚醒前の星7武将は、レベル上限50、技能レベル上限10であり、星6武将より少し強い程度です。

 

しかし、覚醒することによってレベル上限70、技能レベル上限15となり、覚醒能力を得て、更には突破による付加能力も追加されます。

 

これによって圧倒的な強さを手に入れることができるので、ぜひ使用している星7武将の覚醒を目指していきましょう!

 

星7武将覚醒

武将覚醒

f:id:kadhinaru:20190923003707p:plain

 

まず、武将を覚醒するためには、前提としてレベル上限50、技能レベル上限10に達している必要があります。

 

その上で、他の星7武将と天武石80個、宝珠150,000を使することにより、晴れて覚醒武将になるというわけです!

 

強力な覚醒武将を獲得する条件だけあって、用意しなければならない素材は多いですが、頑張って集めていきましょう。

 

技能

f:id:kadhinaru:20190923003740p:plain

 

覚醒した武将は、このようにレベル15まで技能を上げることができ、スキルの威力が上がっていきます。

 

技能レベルの上げ方は、レベル10までと同じなので、引き続き武将と宝珠を使用してレベルマックスを目指してください

 

技能レベルの上げ方はこちらの記事をチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

覚醒

f:id:kadhinaru:20190923003808p:plain

 

覚醒では魂玉と宝珠を使用することで、更に能力を上げることができます。

 

魂玉は魏、呉、蜀、群雄の4種類が存在しており、覚醒武将に応じて必要な魂玉が異なるため、自身が使用したい武将の魂玉を優先して獲得しておきましょう!

 

突破

始計篇

f:id:kadhinaru:20190923003836p:plain

f:id:kadhinaru:20190923003854p:plain

 

最後にこちらの突破ですが、天武石や武尊石、星6・星7武将、宝珠などを大量に使用することで、体力や攻撃力、武将レベル上限を上げることができます。

 

一つずつ順番に解放していく必要があり、始計篇を全て解放すると、次の作戦篇を解放できるシステムなので、どんどん解放して強化していってください!

 

作戦篇

f:id:kadhinaru:20190923003909p:plain

 

作戦篇からは武将の基礎能力向上だけでなく、スキル強化や特殊能力を得ることもでき、武将を大幅に強化することができます。

 

その分素材に必要なアイテムは増えていきますが、頑張って強化していきたいですね。

 

謀攻篇

f:id:kadhinaru:20190923003926p:plain

 

この謀攻篇をコンプリートすれば覚醒武将の強化も完了です。

 

後は、宝物・将印・馬・武器・侍衛などを揃えていき、より武将を強化することで、他プレイヤーとの差を広げていきましょう!

 

宝物についてはこちらの記事をチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

将印についてはこちらの記事をチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

侍衛についてはこちらの記事をチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

■スポンサーリンク

フリーランスエンジニアの案件紹介なら【tech tree】

おわりに

ということで今回は、星7武将の覚醒方法について紹介させていただきました。

三国天武を始めたばかりの方やこれから始める方は参考にしてみて下さい(´∀`)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

■スポンサーリンク