S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週14回8時、20時にブログを更新しています!

MENU ■スポンサーリンク

【株式投資】バランス型の幅広い投資対象が魅力!三井住友DCインデックスシリーズの特徴を纏めました!

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

本日は長期株式投資の運用実績と、三井住友DCインデックスシリーズのまとめ記事になります。

 

 

まずは現在の運用状況です。

 

運用状況

f:id:kadhinaru:20190909220248p:plain

 

インデックスファンド

  • ニッセイTOPIXインデックスファンド(3年1ヵ月目)
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド(3年1ヶ月目)
  • SMT 新興国株式インデックス・オープン(2年7ヶ月目)

 

アクティブファンド

  • 投資のソムリエ(2年5ヶ月目)
  • ニッセイ健康応援ファンド(2年5ヶ月目)

 

ポートフォリオ

■運用益(⁺1.63%

■当面の目標:200万

f:id:kadhinaru:20190909220239p:plain

 

■スポンサーリンク

 

それでは、これまで紹介した三井住友DCインデックスシリーズ、まとめてご紹介します。

 

三井住友DCインデックスは、幅広い投資対象のバランス型インデックスファンドを揃えているのが特徴で、他のインデックスファンドと差別化されています。

 

信託報酬も低めの水準であり、魅力的な投資対象であることは間違いないので、ぜひ購入を検討してみてください!

 

三井住友・DCシリーズ

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド

www.hitobashiratoushi.com

 

TOPIXを投資対象としており、eMAXIS Slim 国内株式インデックス(TOPIX)と同程度の信託報酬なので、有力な投資対象です。

 

三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド

www.hitobashiratoushi.com

 

これ1本で先進国・新興国の双方に投資することはできますが、信託報酬が高いので他のファンドを選んだ方が良さそうですね。

 

三井住友・DC新興国株式インデックスファンド

www.hitobashiratoushi.com

 

新興国株式を対象にしたインデックスファンドですが、こちらも信託報酬の高さと純資産高の少なさがネックです。

 

三井住友・DC外国債券インデックスファンド

www.hitobashiratoushi.com

 

先進国・新興国問わず、世界の債券に投資できる投資範囲の広さが魅力で、信託報酬も低いので、ぜひ購入を検討してみてください!

 

三井住友・DC日本リートインデックスファンド

www.hitobashiratoushi.com

 

Jリートを投資対象としたこちらのインデックスファンド。Smart-i Jリートインデックスに比べると、イマイチなので敢えて選択する必要は無さそうです。

 

三井住友・DC外国リートインデックスファンド

www.hitobashiratoushi.com

 

海外リートを投資対象としたファンドですが、Jリートと同じくSmart-iと比べるとイマイチです。

 

三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)

www.hitobashiratoushi.com

 

三井住友・DC年金バランス50(標準型)

www.hitobashiratoushi.com

 

三井住友・DC年金バランス70(株式重点型)

www.hitobashiratoushi.com

 

三井住友・DC年金バランスゼロ(債券型)

www.hitobashiratoushi.com

 

三井住友シリーズの中でもおすすめなのが、こちらのバランス型ファンド。信託報酬が低めに抑えられており、尚且つ株式と債券の比重を選択できるので、自身の好みのバランスで運用できるのが魅力です。

 

年齢や資産状況に応じて、リスクを取りたい方は株式重点型、リスクを抑えたい方は債券重点型を選択すると良いでしょう。

 

■スポンサーリンク

おわりに

ということで、今回は三井住友インデックスシリーズのまとめ記事でした。

これから株式投資を始める方は、良かったら参考にしてください(´∀`)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

■スポンサーリンク