S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週14回8時、20時にブログを更新しています!

MENU ■スポンサーリンク

【IT】驚くほど時短!覚えておきたいExcelのショートカットについて その3

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

本日はIT投稿日ですので、基本的なIT知識について紹介していきます。

 

■スポンサーリンク

永年月額3,300円の縛りなしWiFi

 

 

はじめに

前回Excelのショートカットについて紹介しましたので、引き続き今回もExcelのショートカットを見ていきます。

 

Excelのショートカットその2についてはこちらをチェック

www.hitobashiratoushi.com

 

Excelのショートカットは基本的なITスキルですが、知っているのと知らないのとでは、大きく作業効率が変わってきます。

 

最低限のショートカットは知っていて当然という空気もあるので、知らないものがあれば、頭に入れておきましょう!

 

f:id:kadhinaru:20190610235051j:plain

 

Excelのショートカット

1.Ctrl + -

最初にご紹介するショートカットキーは「Ctrl + -」になります。

 

「Ctrl + -」はセルを削除することができるので、わざわざ右クリックからセルの削除を選択しなくても、簡単にセルの削除を行うことができます。

 

セルを削除して間を詰めたい時に、作業効率が上がりますので、是非活用してみてください!

 

2.Ctrl + +

続いてご紹介するショートカットキーは「Ctrl + +」です。

 

これは先ほどとは逆にセルを挿入するショートカットキーで、セルを追加したい時に役立ちます。

「Ctrl + -」とセットで覚えておくと良いでしょう。

 

3.Ctrl+I

3つ目にご紹介するショートカットキーは「Ctrl+I」です。

 

「Ctrl+I」は文字を斜体にすることができ、excelに限らずWordやPowerPointでも使用できます。

 

ビジネス文書で斜体を使用することは皆無ですが、プレゼン用資料などを作成するときは便利ですね!

 

4.Ctrl+U

4つ目にご紹介するショートカットキーは「Ctrl+U」になります。

 

「Ctrl+U」はアンダーラインを引いてくれるショートカットで、「Ctrl+I」に似たような機能と言えるでしょう。

 

アンダーラインをむやみに引くとURLと間違えてしまう基になるので、使いどころを考えながら使用してください。

 

5.Ctrl+B

最後にご紹介するショートカットキーは「Ctrl+B」です。

 

これは、文字を太字に変更するショートカットキーで、「Ctrl+I」「Ctrl+U」と比較して、かなり使用頻度の高い機能と言えます。

 

適度に太字を活用することで、読み手の注意を引いたり重要な点を明確にすることができるので、是非活用していきましょう!

 

■スポンサーリンク

おわりに

ということで、今回はExcelのショートカットについて紹介させていただきました。

これからIT知識を身につけていきたい方は参考にしてみてください(´∀`)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

■スポンサーリンク