S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週14回8時、20時にブログを更新しています!

MENU ■スポンサーリンク

【旅行】フィリピンマニラ旅行で気をつけるべきこと?旅行体験記を交えてご紹介します!

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

先日フィリピン マニラに旅行したので、今回は移動手段や両替のレートなど、旅行前に知っておきたい情報をご紹介していきます。

 

タイ バンコクのオススメグルメスポット3選はこちら!

www.hitobashiratoushi.com

 

 

■スポンサーリンク

Global Step Academy【キャンペーン実施中】

フィリピン マニラ

f:id:kadhinaru:20190603231944j:plain

 

フィリピン マニラは気候が良く日本から適度な距離であり、セブ島に並んでフィリピンの有名な旅行スポットです。

 

反面治安の悪いイメージもあり、海外旅行に不慣れだと、少し躊躇してしまうかもしれません…

 

とは言え、ガイドブックによっては書いていることもまちまちだったりするので、実際にフィリピンへ3泊4日訪問して感じた率直な意見を交えて、マニラの魅力についてご紹介していきます!

 

1.治安

f:id:kadhinaru:20190603232640j:plain

 

まず、旅行先を決める上で1番不安に感じるのは、現地の治安だと思います。

実際フィリピンの治安を調べると、スリや押し売りが多く治安が悪い。という情報を目にします。

 

しかしながら、実際にフィリピンに行って私が感じた率直な感想としては、思っていたほど治安は悪くない。というものでした。

 

確かに、日本では考えられないほど、路上で押し売りをしている人を見かけますが、無視していればそれ以上寄ってくることはありません。

(日本のキャッチのようなものです。)

 

また、スリに関してもあまり高級な物を持たず、ちゃんとカバンを前に提げていれば、怪しい人が近づいてくることはありませんでした。

 

強いて言えば、道端にゴミが落ちていたり、下水の整備が進んでいなくて少し臭かったりするぐらいですが、行く場所を都心に限定すれば十分女性の旅行も可能だと思います。

 

2.時差

f:id:kadhinaru:20190603232812j:plain

フィリピンと日本の時差は1時間で、殆ど時差を感じず旅行を楽しむことができます。

時差ボケにもなり辛いですし、フィリピンならではのメリットと言えますね。

 

3.天候

f:id:kadhinaru:20190603233019j:plain

 

今回訪問したのは5月の下旬で、フィリピンとしては梅雨に入る前の微妙な時期でした。

 

運良く雨には当たりませんでしたが、かなり天気は変わりやすく、日中急に雨が降って地面が濡れたりなどはありましたので、折り畳み傘を持って行った方が良さそうです。

※もしくは、現地で雨が降ったら傘を買う覚悟で行きましょう。

 

尚、フィリピン旅行のシーズンとしては1月から5月ぐらいが雨が少なくオススメで、年間通して平均気温は26度と高いので、体温調節できるように薄手の服と、夜羽織る服を持っていくと良いでしょう。

 

4.公用語

f:id:kadhinaru:20190603233219j:plain

 

フィリピンの公用語はタガログ語(フィリピン語)と英語。

タガログ語とフィリピン語は方言の違いのようなもので、よく似ているので大まかに2つの言語が話されていると言えます。

 

日本人の観光客のおかげで多少日本語が通じる時もありますが、基本は英語での会話になるため、英単語が少しでも分かると安心ですね。

 

会話する機会はそこまでありませんが、空港やホテルで使用される単語はチェックしておきましょう。

 

5.持ち物

f:id:kadhinaru:20190604233504j:plain

 

持ち物に関しては、マニラに行くからといって、特別に持っていかなければならないものはありませんでした。

 

暑い国なので、ハンドタオルがあると便利かな?というぐらいですが、普段海外旅行に行く時の持ち物で十分だと思います。

 

現金に関しては、物価が安いのでそこまで必要ないですが、カジノで遊んだり、ブランド物を購入したい方は、最低でも10万円程度持っていっておくと安心です。

 

6.ホテル

f:id:kadhinaru:20190603233953j:plain

 

今回泊まったホテルは、こちらのゴールデンフェニックスマニラになります。

 

名前からは非常に豪華な印象を受けますが、価格はダブルのベッドに朝食付きで約8,000円と、比較的リーズナブルです。

 

※参考サイト

https://www.goldenphoenixhotelmanila.com/ja/index.html

 

非常に部屋も広く、朝食も種類の多いブュッフェで満足でしたが、バスルームがそこまで綺麗では無かったのは残念でした…

 

マニラの中ではそれなりのホテルで、このクオリティだったので、水回りが気になる方はホテル代を多少奮発したほうが良さそうです

 

7.フライト

f:id:kadhinaru:20190604233653j:plain

 

フライト時間、約4時間で到着するマニラ。

今回のフライトでは、海外旅行で初めて格安航空のジェットスターを使用してみました。

 

※参考サイト

https://skyticket.jp/international-flights/

 

予約画面では通常の航空会社と数万円の開きがあり、往復15,000円とあったので、かなりお得に感じましたが、実際に予約画面に進むと諸料金・手数料・税金等で14,000円近くかかったので、あまり予約画面の金額は参考になりません…

 

加えて、荷物が7kgを超えるとプラスで往復1万円近くの荷物を預ける料金がかかるので、荷物をかなりコンパクトにしておく必要もあります。

 

それでも通常の航空会社に比べると、1万円~2万円料金は安く、少しでも旅費を浮かしたい方には非常にオススメです!

 

因みに、気になるサービスの違いですが、下記の3点は通常の航空会社と比較してサービスはイマイチでした。

 

1.飲食が有料であり、何も提供されない

2.機内通路が狭く、席間も若干狭い

3.搭乗口が遠い

 

ただ、いずれも極端に悪いというわけではなく、通常の航空会社と比較して少しクオリティが劣る。といった印象です。

 

4時間程度のフライトであれば飲食は無くても困りませんし、ペットボトルの飲み物を持ち込むこともできます。

席間も少し狭いだけで、通常のエコノミークラスと大差ないため、十分許容できる範囲のデメリットだと思います。

 

最後にフィリピンのニノイ・アキナ空港の特徴として、ターミナル1~4まであり、各ターミナルはタクシーで20分程度の距離があので、必ず行きと帰りのターミナルをチェックしておきましょう。

特に行きと帰りでは、ターミナルが異なることもあるので注意が必要ですよ!

 

8.両替(円→ペソ)

f:id:kadhinaru:20190603232644j:plain

 

両替は海外旅行でも悩むポイントですよね?

場所によっては1~2万円変わることもあるので、少しでもレートの良いところで両替したいところです。

 

私が今回両替に使用した箇所を紹介しますので、賢く両替して旅行を楽しんでください!

 

1.日本の空港

まず最初に両替するタイミングとなるのが、日本の空港です。

ここでは「1ペソ=2.38円」というレートでしたが、これは読み換えると「1円=0.42ペソ」となり非常に悪いレートとなります。

 

なんでも、日本でペソはマイナー通貨ですが、フィリピンで円はそこまでマイナーでは無いので、フィリピンで両替した方がレートが良いそうです。

 

いずれにしても非常に損をするレートであることは間違いないので、日本では極力両替しないようにしてください。

後述しますが、フィリピンの空港はかなりレートが良いので、ここで無理に両替する必要はありません。

 

どうしても不安な方は、1万円だけ両替するなど少額の両替に留めておきましょう。

 

2.フィリピンの空港

こちらがフィリピンでもオススメの両替ポイントで、いくつかの両替店があり1番レートの良い両替店で「1円=0.47ペソ」でした。

 

これは10万円両替したとすると47,000ペソになる計算で、日本での両替と比較して実に5,000ペソも違いがうまれます。

5,000ペソは1万円以上なので、両替店を厳選するのがいかに重要か分かりますね!

 

因みに、今回フィリピンのニノイ・アキナ空港に到着したのは、現地時間で夜中の0時前後だったのですが、まだ開いている両替店もありましたので、現地での両替に困ることはなさそうです。

 

3.フィリピンのショッピングモール

アジア最大のショッピングモールSM Mall Of Asiaの有名なお土産やさんKultura。

 

ここにも両替店があり、レートは「1円=0.468ペソ」でした。この程度の差であれば、空港の両替店と殆ど差は無いので、追加で両替したい時は気兼ねなく使用すると良いでしょう。

 

4.その他

他にもカジノや街中の両替店など、両替できるポイントはありますが、レートや安全性から考えると少し見劣りする印象でした。

 

ただ、場所によっては更にレートが良いところもあるようなので、日本の空港に比べると、チャレンジする価値はありそうですね!

 

9.両替(ペソ→円)

f:id:kadhinaru:20190603232635j:plain

 

いくらフィリピンの両替店はレートが良いといっても、やはり多少なり手数料はかかってくるので、本来は両替したペソを使い切るようにするのが理想です。

 

とは言え、どうしても余ってしまった場合や、カジノで勝利した場合など、「ペソ→円」の両替をしたいこともありますので、その点についても紹介しておきます。

 

色々と調べてみると「ペソ→円」の両替はかなりレートが悪いので、ネットでの両替が良いという内容も目にしますが、正直な感想としてはフィリピンの空港で「ペソ→円」の両替をしても十分許容範囲だと感じました。

 

今回、フィリピンの空港で「ペソ→円」の両替をした際のレートは「1円=0.49ペソ」で、これは「1ペソ=2.04円」と読み換えることができます。

 

仮に最初に両替した47,000ペソをそのまま円に戻した場合、95,880円となり手数料は約4,000円であることが分かります。

 

こう見ると金額が大きいように思いますが、使用するお金だけ両替していれば、ここまで大金が残ることもないので、変にペソを持ち帰って頭を悩ますより両替してしまった方がいいでしょう。

 

また、もう一つの案として次回の旅行のためにペソのまま持っておく。ということも考えられますが、フィリピンでは5万ペソ以上の海外持ち出しは禁止されており、それを超えているのが見つかると最悪の場合没収されるそうなので、やはり空港で円に両替してしまった方が賢明です。。

 

例外としてカジノで100万円単位で勝利した場合は、この手数料もバカにならない金額になるので、ネットの両替を検討すると良いでしょう。

 

※参考サイト

https://moneybank.co.jp/

 

10.移動手段

f:id:kadhinaru:20190604234216j:plain

 

フィリピンでの移動手段は大きく下記の3つがあげられます。

 

・タクシー

・電車

・バス

 

この中でダントツにオススメなのがタクシーで、配車アプリを使用すればボッタクリにあうこともなく、目的地を伝える必要もありません。

また、金額も30分程度の運転で約300ペソ(約600円)と、非常に良心的でした。

 

※参考サイト

https://itunes.apple.com/jp/app/grab-app/id647268330?mt=8

 

フィリピンでは残念ながら、Uberは撤退してしまったようなので、こちらのgrabを準備しておきましょう。

 

因みに、電車とバスが極端に悪いというわけではありませんが、下記のようなデメリットもあるので、よく考えて活用してください。

 

・電車

→スリの心配がある。また日本ほど路線が多くないので、目的地まで行けない可能性がある。

・バス

→ホテルのシャトルバスなど便利だが、時間が決まっており本数が少ない。また英語をある程度理解して、正しいバスに乗る必要がある。

 

11.観光地

f:id:kadhinaru:20190603230815j:plain

f:id:kadhinaru:20190603231043j:plain

 

フィリピンには観光地も沢山あるので、今回私が回った観光地を紹介していきます。

 

1.サン・アグスチン教会

f:id:kadhinaru:20190603230750j:plain

f:id:kadhinaru:20190603230725j:plain

f:id:kadhinaru:20190603230949j:plain

f:id:kadhinaru:20190603230901j:plain

f:id:kadhinaru:20190603230837j:plain

 

1607年に建造された世界遺産としても登録されている、こちらのサン・アグスチン教会。

教会の雰囲気はそのままに、美術品の数々が展示されており、さながら美術館のようでした。

 

4,500本のパイプを使用したアジア最大級のパイプオルガンが魅力で、全てを見て回ろうとするとゆうに2~3時間はかかるボリュームなので、入館には300ペソ程度かかりますが、それだけの価値は充分にあります。

 

2.マニラ大聖堂

f:id:kadhinaru:20190603230554j:plain

f:id:kadhinaru:20190603230435j:plain

f:id:kadhinaru:20190603230458j:plain

f:id:kadhinaru:20190603230527j:plain

 

続いてご紹介するマニラ大聖堂は、サン・アグスチン教会と徒歩圏内にあるため、合わせて回りやすい観光地です。

 

海外の教会ならではの厳かな雰囲気を楽しむことができるので、無料で入れる観光地とは思えないほど、魅力溢れる建物でした!

 

3.サンチャゴ要塞

f:id:kadhinaru:20190603230634j:plain

f:id:kadhinaru:20190603230703j:plain

 

サンチャゴ要塞もマニラ大聖堂から徒歩圏内にあるので、合わせて訪問しておきたい観光地です。

 

入場料も75ペソとリーズナブルで、歴史を感じる要塞とその内部を観光することができます。

屋外の範囲が広く、非常に暑いので日焼け止めやタオルを持っていくと良いでしょう。

 

4.SM Mall Of Asia

f:id:kadhinaru:20190602233326j:plain

f:id:kadhinaru:20190602233517j:plain

f:id:kadhinaru:20190602233653j:plain

 

SM Mall Of Asiaはアジア最大のショッピングモールとして有名な複合施設です。

 

全てのお店を回ろうとすると1日では回りきれない程の広さがありショッピングが好きな方には非常にオススメのスポットになります

 

お土産を買うのにも適していますし、グルメも充実していますので、マニラに旅行した際は必ず訪問しておきたいですね!

 

12.グルメ

海外旅行の時には、現地料理が美味しいのか?衛生面は問題ないか?という点も気になるポイントだと思います。

 

やはり衛生面で日本に及ぶ国はあまりなく、フィリピンも例外では無いので、必ず水道水は口にしないよう気をつけてください。

現地の露店で売っている食事も、あまり清潔感があるとは言えないので、衛生面が気になる方は購入しない方が無難でしょう。

 

とは言っても、せっかく海外旅行に行ったのだから、現地料理にもチャレンジしてみたい!という方も多いと思いますので、今回私が訪問したお店を紹介しておきます。

 

1.Abe

f:id:kadhinaru:20190602232606j:plain

f:id:kadhinaru:20190602232736j:plain

f:id:kadhinaru:20190602232854j:plain

f:id:kadhinaru:20190602233019j:plain

 

フィリピン料理として人気のお店が、SM Mall Of AsiaにあるAbe。

 

ものすごい量のフィリピン料理をリーズナブルな価格で頂くことができるので、大満足できること間違いなしです。

この量で1人2,000ペソ前後でしたが、とても2人では食べきれないので、もうすこし少なめに注文すると良いでしょう。

 

気になるお味の方ですが、お肉には生臭さがあり、スープも酸味が強く、エスニック料理が苦手な方はイマイチだと思います…

ただ、もの凄く不味いという訳でもなく、海外旅行の思い出としてはgoodでした。

 

2.ホテルブュッフェ

f:id:kadhinaru:20190602235702j:plain

 

ホテルのブュッフェは、泊まるホテルによるところも大きいと思いますが、洋食・中華も揃っていて好き嫌いが多くても困らない印象でした。

 

もちろん、フィリピン料理も用意されているので、それなりのホテルに泊まった方が朝食に困ることもなく安心ですね

 

3.玉蕾

f:id:kadhinaru:20190602233047j:plain

f:id:kadhinaru:20190602233124j:plain

f:id:kadhinaru:20190602232454j:plain

f:id:kadhinaru:20190602233216j:plain

f:id:kadhinaru:20190602233413j:plain

f:id:kadhinaru:20190602233609j:plain

f:id:kadhinaru:20190602232517j:plain

f:id:kadhinaru:20190602232833j:plain

f:id:kadhinaru:20190602232951j:plain

f:id:kadhinaru:20190602232702j:plain

f:id:kadhinaru:20190602233237j:plain

 

最後にご紹介する玉蕾ですが、こちらはカジノホテル オカダマニラにある高級中華料理屋さんです。

 

と言っても、1人3,000ペソ程度でこれだけの料理を楽しむことができ、味もサービスも最高でした!!

日本でこのクラスのお店に行こうとすると、1人10,000円は超えるのでは?と思うほどの名店だったので、ぜひカジノに行くついでに訪問してみてください。

 

個人的な感想になりますが、海外旅行に行って食事に困った時は、中華料理を選ぶとどの国でも安定して美味しい印象があります。

 

13.カジノ

f:id:kadhinaru:20190605224852j:plain

 

日本には無い、フィリピン旅行の楽しみと言えば、やはりカジノですよね!

 

カジノではゲームを楽しめる以外にも、荷物を無料で預けることができたり、ショッピングモールや飲食店が併設されていたりと、至れり尽くせりのサービスを受けることができます。

 

今回の旅行ではツキもあり、ルーレットで10万円程度プラスになったので、旅費をほぼ浮かすことに成功しました。

私が遊んだ2つのカジノを紹介しますので、皆さんも夢と節度を持って、カジノに遊びに行ってみてください。

 

1.オカダマニラ

f:id:kadhinaru:20190602233353j:plain

f:id:kadhinaru:20190602233543j:plain

f:id:kadhinaru:20190602233431j:plain

f:id:kadhinaru:20190602232926j:plain

f:id:kadhinaru:20190602232808j:plain

f:id:kadhinaru:20190602232539j:plain

f:id:kadhinaru:20190602233302j:plain

 

とにかくダントツでオススメなのが、こちらのオカダマニラ!

最近できたこともあって、非常に綺麗で清潔感もあり、とても素晴らしいカジノであると断言できます。

 

日本人好みのアーケードゲームが多いため、テーブルゲームは少し緊張する。自分のペースで遊びたい。という方も楽しめます。

 

タッチパネルも常に綺麗な状態で保たれており、ドリンクも無料で配ってくれるので、居心地が良くついつい時間の経過を忘れて遊んでしまいますね。

 

因みに、噴水ショーを18時から無料で観覧することができるので、カジノに興味のない方も訪問する価値ありですよ!

 

2.シティオブドリームスマニラ

f:id:kadhinaru:20190602233455j:plain

 

続いてご紹介するシティオブドリームスマニラも、マニラではかなり有名で規模の大きなカジノです。

 

こちらも2階建でアーケードゲームが多く、テーブルゲームが苦手でも楽しんで色々なゲームを遊ぶことができます。

また、1階のバーカウンターでは生演奏も開催されており、海外のカジノらしい雰囲気も素晴らしいですね!

 

ただ、オカダマニラに比べると清潔感はイマイチなので、オカダマニラで遊び疲れたり気分を変えたい時に訪問すると良いでしょう。

 

総評

f:id:kadhinaru:20190605230328j:plain

 

総評ですが、フィリピン マニラはとても楽しい海外旅行先だと感じました。

観光スポットは豊富で、物価も安く、食事もある程度厳選することで、楽しむことができます。

 

気になる治安に関しても、よほどディープなスポットに行ったり夜中に出歩かない限り、イメージほど危険な目には合わない印象です。

ぜひ、海外旅行が好きな方も苦手な方も、魅力溢れるフィリピン マニラに足を運んでみてください!

 

■スポンサーリンク

縛りなしWiFiの詳細はこちら

おわりに

ということで、今週はフィリピン マニラ旅行時の注意点について紹介させていただきました。海外旅行に興味がある方は参考にしてみてください(´∀`)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

■スポンサーリンク