S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週14回8時、20時にブログを更新しています!

MENU ■スポンサーリンク

【IT】SSLとTLSの違いとは?覚えておきたいネットワークセキュリティの基礎について

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

本日はIT投稿日ですので、基本的なIT知識について紹介していきます。

 

■スポンサーリンク

 

 

はじめに

前回httpとhttpsの違いについて紹介した際に、SSL/TLSプロトコルの話がでましたので、今回はSSL/TLSの違いについて解説していきます。

 

httpとhttpsの違いについてはこちらをチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

SSL/TLSというのは、IT業界にいないとあまり耳にしない単語かもしれませんが、ネットワークセキュリティの観点だと、かなり重要な内容です。

 

単語自体を初めて耳にする方や、単語は知っているけど具体的な説明が難しい方は、この機会に是非頭に入れておいてください。

 

f:id:kadhinaru:20190122225505j:plain

 

SSLとは?

それでは早速、SSLとは何か?という点について見ていきましょう。

 

SSLとは「Secure Sockets Layer」の略で、通信を暗号化することで、第三者に情報漏洩しないようにする、セキュリティ技術となります。

 

前回記事で紹介したhttpsは、最後にsが付いていることからSSLサーバ証明書が導入されていることが分かります。

 

因みにWebブラウザで確認した場合、URLの横に鍵マークも出てくるので、ここでSSLサーバ証明書が導入されているか?期限はいつか?などを確認することもできます。

 

ブラウザについてはこちらの記事をチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

TLSとは?

続いてTLSですが、「Transport Layer Security」の略で、SSLと同じく通信を暗号化するセキュリティ技術になります。

 

Webブラウザで確認した場合の鍵マークについても、SSLと変わりはありません。

 

SSLとTLSの違いとは?

ここまでの内容を見ると、SSLとTLSの違いは無さそうですが、それもそのはずでTLSはSSLの後継バージョンのため、機能に大きな違いはありません。

 

セキュリティ対策の技術が向上して、SSLのバージョンが上がってSSL3.0になった後、同じ役割を果たすTLS1.0が登場しました。

 

したがって、現在使用されている技術はほとんどTLSですが、SSLを使用されていた期間が長く、一般的にSSLの方が馴染みがあるため、SSL/TLSと呼ばれたりします。

 

SSLとTLSの細かい違いを知っていないと困ることはあまりないので、どちらも通信を暗号化してセキュリティを強化する仕組み。と覚えておけば良いでしょう。

 

■スポンサーリンク

利用はすべて無料!東京都内での就職・転職なら!【正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンター】

おわりに

ということで、今回はSSLとTLSの違いについて紹介させていただきました。

これからIT知識を身につけていきたい方は参考にしてみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク