S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週14回8時、20時にブログを更新しています!

MENU ■スポンサーリンク

【IT】RDPの役割とは?覚えておきたい遠隔操作の方法について

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

本日はIT投稿日ですので、基本的なIT知識について紹介していきます。

 

■スポンサーリンク

フリーランス向け案件数は業界最大級【案件ナビ】

 

 

はじめに

以前ポート番号とプロトコルについて紹介した際に、RDPが出てきましたので、今回はRDPの役割について見ていきましょう!

 

ポート番号とプロトコルについてはこちらをチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

RDPは、サーバーやパソコンを遠隔操作する上で、なくてはならない重要な役割を果たしています。

 

RDPについて耳にしたことがない、または耳にしたことはあるけど説明できない。という方は、是非この機会に頭に入れておいてください!

 

f:id:kadhinaru:20190430001820j:plain

 

RDPとは?

それでは早速、RDPとは何か?という点について見ていきましょう。

 

RDPとは、「Remote Desktop Protocol」の略であり、Remote(遠隔地から)Desktop(サーバーやパソコンを)Protocol(操作する時の通信の決まりごと)を指します。

 

これまで紹介したProtocol同様、RDPも通信をする上での決まりごとということですね。

 

Remote Desktopとは?

それでは肝心のRemote Desktopについてですが、先述の通り遠隔地のサーバーやパソコンを操作する機能になります

 

例えば遠隔地に設置しているサーバーの状態を確認したい時、都度そこまで訪問するのは時間もお金もかかりますよね?

 

そんな時に便利なのが、Remote Desktopという機能。

 

この機能を使えば、通信を許可した端末から、好きな時にサーバーにアクセスできるので、わざわざサーバーを設置している場所に行かなくても、トラブル対応などができるというわけです。

 

ちなみに、Remote DesktopはWindowsサーバーに対して使用するのが一般的で、UNIX・Linuxサーバーには、以前紹介したsshやtelnetを使用します。

 

sshやtelnetについてはこちらの記事をチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

Remote Desktopの使用方法とは?

最後にRemote Desktopを使用する方法について解説します。

 

Remote Desktopの機能は、標準のWindowsパソコンに備わっているため、使用する前に特殊な準備は必要ありません。

 

以下3つのいずれかの方法で、Remote Desktopを起動しましょう。

 

1.ファイル名を指定して実行で起動

→「Windows+R」でファイル名を指定して実行を起動→「mstsc」と入力

 

2.スタートボタンから起動

→左下のスタートメニューを表示→「Windowsアクセサリ」→「リモートデスクトップ」から起動

 

3.Cortanaから起動

→左下のCortana検索Boxで「リモートデスクトップ」と入力→「リモートデスクトップ」が表示されるため、そこから起動

 

いずれかの方法でRemote Desktopを起動したら、後はIPアドレスかドメイン名を入することで、遠隔地のサーバーに接続することができます。

 

ドメイン名についてはこちらの記事をチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

■スポンサーリンク

おわりに

ということで、今回はRemote Desktopの役割について紹介させていただきました。

これからIT知識を身につけていきたい方は参考にしてみてください(´∀`)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

■スポンサーリンク