S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週14回8時、20時にブログを更新しています!

MENU ■スポンサーリンク

【三国天武】星5武将を順番にご紹介していきます! その2

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

火曜日なので、引き続き三国天武というゲームについて投稿をしていきたいと思います。

 

 

まずは、私の現状の都市について紹介です。

 

都市:レベル148

f:id:kadhinaru:20190422223951j:plain

 

■スポンサーリンク

 

引き続き、三国天武最大の要素である、武将について解説していきます。

 

前回の投稿で星5武将を1体ずつ解説しましたので、引き続き星5武将の能力について見ていきましょう。

 

前回紹介した星5武将についてはこちら!

www.hitobashiratoushi.com

 

星5武将は序盤から中盤にかけて暫く使用する武将になるので、どの武将を選択するかで、序盤の勝率が大きく変わります。

 

個々の能力値はもちろん、武将の組み合わせや、攻撃・防御それぞれで使用する武将を検討するのも重要になってくるので、武将の特徴から自分なりの組み合わせを考えてみてください!

 

星5武将

司馬徽(しばき)

f:id:kadhinaru:20190422224008j:plain

f:id:kadhinaru:20190422224023j:plain

f:id:kadhinaru:20190422224038j:plain

 

最初にご紹介するのは、群雄武将の司馬徽。

方士を召喚するスキルを持っており、それだけでなく味方の方士と太平道人を強化することができます。

 

方士は攻撃力が高く、序盤から中盤にかけてかなり強力な兵士なので、ぜひ方士と組み合わせて使用してみてください!

 

方士の能力についてはこちらの記事をチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

曹彰(そうしょう)

f:id:kadhinaru:20190422224048j:plain

f:id:kadhinaru:20190422224102j:plain

f:id:kadhinaru:20190422224107j:plain

 

続いてご紹介するのは、魏武将である 曹彰。

馬超などと同じく、味方が城壁を越えるスキルを持っており、剣系武将や盾系武将との相性は抜群です。

 

反面、扇系武将や弓系武将との相性はイマイチなので、近接系の武将と組み合わせて使用していきましょう。

 

華佗(かだ)

f:id:kadhinaru:20190422223956j:plain

f:id:kadhinaru:20190422224014j:plain

f:id:kadhinaru:20190422224027j:plain

 

3人目にご紹介するのは、医術に精通していることで有名な 華佗。

これまで紹介した星4武将にも、回復スキルを持った武将はいましたが、華佗は回復だけでなく復活のスキルを持っています。

 

復活スキルを持った武将は上手く活用することで、武将がプラス1名いる状況を作れますので、後方支援の武将としてはかなりオススメです!

 

程昱(ていいく)

f:id:kadhinaru:20190422224043j:plain

f:id:kadhinaru:20190422224052j:plain

f:id:kadhinaru:20190422224057j:plain

 

4人目にご紹介するのは、曹操の頭脳とも言われる 程昱。

分身を作り出して、それぞれが味方を回復してくれるので、能力値以上の活躍が見込めます。

 

天命解放に必要な人数が多いのはネックですが、それを考慮しても回復役として優秀な武将です。

 

韓当(かんとう)

f:id:kadhinaru:20190422224003j:plain

f:id:kadhinaru:20190422224018j:plain

f:id:kadhinaru:20190422224033j:plain

 

最後にご紹介するのは、呉武将の 韓当。

アクティブスキルで敵を凍結させることができるので、強力な敵を一方的に攻撃することも可能です。

 

天命も星5武将が多いので、天命解放できるなら使用していきたい武将ですね!

 

■スポンサーリンク

おわりに

ということで今回は、星5武将について紹介させていただきました

三国天武を始めたばかりの方やこれから始める方は参考にしてみて下さい(´∀`)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

■スポンサーリンク