S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週13回7時、21時にブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【IT】DNSの役割とは?覚えておきたいサーバーの役割について

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

本日はIT投稿日ですので、基本的なIT知識について紹介していきます。

 

■スポンサーリンク

縛りなしWiFiの詳細はこちら

 

 

はじめに

以前ポート番号とプロトコルについて紹介した際に、DNSが出てきましたので、今回はDNSの役割について見ていきましょう!

 

ポート番号とプロトコルについてはこちらをチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

DNSは、機器を使用してネットワークに接続する上で、とても重要な役割を果たしています。

 

DNSについて耳にしたことがない、または耳にしたことはあるけど説明できない。という方は、是非この機会に頭に入れておいてください!

 

f:id:kadhinaru:20190311233825j:plain

 

DNSとは?

それでは早速、DNSとは何か?という点について見ていきましょう。

 

DNSとは、「Domain Name System」の略であり、IPアドレスとドメイン名を紐づける役割を持っています。

 

IPアドレスについてはこちらの記事をチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

DNSを理解するためには、ドメイン名を理解しておく必要があるので、続いてドメイン名について見ていきましょう。

 

ドメイン名とは?

ドメイン名とは、IPアドレスの別名を指します。

 

例えばYahooやGoogleの検索画面に接続したい時、IPアドレスとして割り当てられている12桁の数字を覚えておき、URLに打ち込むのは困難ですよね?

 

そんな時ドメイン名として、「google.comを作成しておけば、ユーザーはURLに「google.comを打ち込むことで、Googleの検索画面に接続することができます。

 

このように、人間が覚えやすい英字の羅列で、IPアドレスを置き換えたものが、ドメイン名というわけです。

 

DNSの役割とは?

サーバーやクライアントPCが読み取れるのはIPアドレスなので、ドメイン名を作成したとしても、どこかでドメイン名とIPアドレスの紐付けを行なっておく必要があります。

 

そこで重要なのがDNS!

 

DNSではドメイン名とIPアドレスの紐付けを管理しており、サーバーやクライアントPCに要求されたドメイン名を基に、正しいIPアドレスを返してくれます。

 

その結果、ドメイン名をURLに打ち込んでも、IPアドレスを打ち込んだ時と同じように接続することができる。というわけですね!

 

■スポンサーリンク

おわりに

ということで、今回はDNSの役割について紹介させていただきました。

これからIT知識を身につけていきたい方は参考にしてみてください(´∀`)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

■スポンサーリンク