S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週14回8時、20時にブログを更新しています!

MENU ■スポンサーリンク

【IT】SSHとTelnetの違いとは?覚えておきたいネットワークセキュリティの基礎について

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

本日はIT投稿日ですので、基本的なIT知識について紹介していきます。

 

■スポンサーリンク

【Corvo─コルヴォ─】

 

 

はじめに

前回ポート番号とプロトコルについて紹介した際に、SSHとTelnetが出てきましたので、今回はSSHとTelnetの違いについて見ていきましょう!

 

ポート番号とプロトコルについてはこちらをチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

SSHとTelnetは、主にUNIX・Linuxに接続する際に用いる接続方法であり、ネットワークの基礎的な知識の一つと言えます。

 

それぞれの違いを意識して、どちらを活用すべきか考えながらネットワーク構築ができるように、しっかりと頭に入れておいてください!

 

f:id:kadhinaru:20190303214208j:plain

 

SSHとは?

それでは早速、SSHとは何か?という点について見ていきましょう。

 

SSHとは、先述の通り主にUNIX・Linuxに接続する際に用いる接続方法であり、遠隔地にあるUNIX・Linuxサーバーを操作したい時に役立ちます。

 

前回記事でも紹介しましたが、TCP 22のポートを利用しているため、SSH接続したい場合は、このポートが開いている必要があります。

 

尚、ポートさえ開いていれば、Windowsサーバーに接続する方法もありますが、WindowsサーバーであればRDP(リモートデスクトップ)で操作するのが主流なので、基本的にはUNIX・Linuxに接続する方法として覚えておけば、差し支えないでしょう。

 

Telnetとは?

続いてTelnetですが、これも主にUNIX・Linuxに接続する際に用いる接続方法となります。

 

ポートはTCP 23を使用しており、こちらが開放されていれば、遠隔地から接続して操作が可能です。

 

ここまでの内容だと、SSHとTelnetに違いは無さそうですが、一体どこが違うのか?

いよいよ本題の、SSHとTelnetの違いについてみていきます。

 

SSHとTelnetの違いとは?

SSHとTelnetの違いですが、結論から言うと通信上のセキュリティに違いがあります。

 

SSH:通信が暗号化されている

Telnet:通信が暗号化されていない

 

通信が暗号化されていると、万一悪意を持ったユーザーに通信を盗み見されても、通信の内容は分かりません。

 

つまり、SSHの方がセキュアな通信を実現できる。というわけです。

 

ちなみに、SSHのデメリットというのはあまり無いので、最近はSSHを使用するのが主流で、特段の理由がなければSSHを使用した方がよいですよ!

 

■スポンサーリンク

若手優秀層へとリーチできる採用マーケティングツール【Wantedly Admin】

おわりに

ということで、今回はSSHとTelnetの違いについて紹介せていただきました。

これからIT知識を身につけていきたい方は参考にしてみてください(´∀`)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

■スポンサーリンク