S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週14回8時、20時にブログを更新しています!

MENU ■スポンサーリンク

【書評】出口から逆算する不動産投資術についてご紹介します!

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

本日は読書投稿日ですので、オススメの本について紹介していきます。

まずは現在の読書数についてアップデートです。

 

■現在の読書数:451冊

■短期目標:500冊

 

それでは今週ご紹介する一冊はこちらです。

 

 

■スポンサーリンク

パーソナルトレーニング【Global fitness】

出口から逆算する"プロ"の不動産投資術

出口から逆算する

出口から逆算する"プロ"の不動産投資術!

 

 

本書は、長年不動産業界で勤めた中で、様々な収益物件を扱ってきた著者が、地方の高利回り物件を中心に紹介した一冊となります。

 

地方の高利回り物件主体ではあるものの、不動産投資全体に共通する内容も数多く含んでおり不動産投資に興味のある方にとって、勉強になる内容が詰まっています。

 

今回は、そんな本書で紹介されている中から、物件を選ぶときの注意点について、3つお伝えしていきましょう。

 

f:id:kadhinaru:20190220230523j:plain

 

1.利回りや金利が全てではない

まず最初にご紹介する注意点は、「利回りや金利が全てではない」という点です。

 

もちろん物件を選定する上で、利回りの高い物件に越したことはないですし、銀行からの融資は金利が低い方が好ましいでしょう。

 

ただ、利回りは15%以上で、銀行からの融資は金利2%前半のように、理想を求めすぎると、なかなか物件購入の機会には恵まれません。

 

行動していない期間が長くなると機会損失が痛いので、理想とする基準を持ちつつも、柔軟に判断するよう心がけると良いでしょう。

 

2.キリのいい数字にこだわらない

続いてご紹介する注意点は、キリのいい数字にこだわらない。ということです。

 

不動産投資を検討している方は、大半が「駅から徒歩10分以内、利回り10%以上」といった、キリの良い数字を好む人が多いと言います。

 

しかし、徒歩11分でもいい物件はあるかもしれませんし、その方が競合も少なく購入の機会は確実に増えることになるでしょう。

 

投資用物件を探す際は、少し条件を広くして、幅広く物件を見る方が、結果的に良い物件に巡り合う可能性が増えてオススメです!

 

3.不動産会社と上手に付き合う

最後にご紹介する注意点は、不動産会社と上手に付き合う重要性です。

 

不動産会社の営業マンも人間なので、やはり横暴な態度よりも、お互い尊重しあえる関係を築いた方が、良い物件を紹介してもらいやすくなります。

 

そして、そういった関係を築くには、レスポンスと決断を早くして、相手にストレスを与えないことが重要です。

 

また候補の物件が見つかった場合、一緒に車で見て回りながら、たわいない世間話をするのも、より近しい関係になれていいでしょう。

 

実際、私も懇意にして頂いている、不動産会社の営業の方は、一緒に不動産を見に行って色々なお話をすることで、相談をしやすい間柄になれたと感じています。

 

是非、色々な不動産会社を回って、自身と相性が良く、信頼できる営業の方を探してみてください!

 

■スポンサーリンク

おわりに

ということで、今週は不動産に関する本について紹介させて頂きました。

この他にも、不動産を高く売る方法や、空室対策などについて解説されていますので、より詳しい内容が知りたい方は、是非本書を読んでみてください(´∀`)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

■スポンサーリンク