S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週13回7時、21時にブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【三国天武】星3武将を順番にご紹介していきます! その4

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

火曜日なので、引き続き三国天武というゲームについて投稿をしていきたいと思います。

 

 

まずは、私の現状の都市について紹介です。

 

都市:レベル141

f:id:kadhinaru:20190216232958p:plain

 

■スポンサーリンク

業界最安級の月額3,300円!!【縛りなしWiFi】

 

引き続き、三国天武最大の要素である、武将について解説していきます。

 

前回は星3武将を1体ずつ解説しましたので、引き続き星3武将の能力について見ていきましょう。

 

前回紹介した星3武将についてはこちら!

www.hitobashiratoushi.com

 

どういう組み合わせで武将を使用するかという悩みは、三国天武をプレイする上で、どれだけレベルが上がってもついてまわります。

 

武将の能力値とちょっとした考察をつけて解説していきますので、是非自身が使用する武将を選ぶ時に役立ててください!

 

星3武将

袁術(えんじゅつ)

f:id:kadhinaru:20190216233238p:plain

f:id:kadhinaru:20190216233531p:plain

f:id:kadhinaru:20190216234020p:plain

 

最初にご紹介するのは群雄武将である袁術。

剣系の武将でありながら、敵の能力値を下げるスキルを持っている変わった武将で、前線の味方をサポートしてくれます。

 

体力もそれなりに高く、サポート系だから能力が低いということもないので、星3武将の中ではかなり使いやすい部類と言えるでしょう。

 

司馬炎(しばえん)

f:id:kadhinaru:20190216234305p:plain

f:id:kadhinaru:20190216234421p:plain

f:id:kadhinaru:20190216234455p:plain

 

続いてご紹介するのは、司馬一族の武将である 司馬炎。

 

味方の攻撃力を上げるスキルを持っており、自身の攻撃力も高いため、攻撃力の高い武将と組み合わせることで威力を発揮します。

 

強力なアクティブスキルなので、是非敵を攻める時に活用してみてください!

 

文鴦(ぶんおう)

f:id:kadhinaru:20190216232757p:plain

f:id:kadhinaru:20190216233049p:plain

f:id:kadhinaru:20190216233332p:plain

 

3人目にご紹介するのは、魏武将である 文鴦。

正直ステータスはイマイチで、星3武将の文鴦には取り立てて目立つ点がありません。

 

しかしながら、星7武将の驍騎文鴦は、最強の武将に名を連ねるほど強力なので、是が非でも獲得を目指していきたいですね。

 

諸葛恪(しょかつかく)

f:id:kadhinaru:20190216233757p:plain

f:id:kadhinaru:20190216234216p:plain

f:id:kadhinaru:20190216234348p:plain

 

4人目にご紹介するのは、諸葛瑾の子供である 諸葛恪。

 

敵にダメージを与えるアクティブスキルを持っているため、どちらかと言えば攻撃向きの武将になります。

 

ただ、天命を解放してもそこまで能力値は高くならないので、扇系のパーティでなければ、敢えて選択する必要は無さそうです。

 

丁奉(ていほう)

f:id:kadhinaru:20190216232837p:plain

f:id:kadhinaru:20190216233155p:plain

f:id:kadhinaru:20190216233424p:plain

 

最後にご紹介するのは、呉武将である 丁奉。

 

盾系武将に恥じない体力を持っており、アクティブスキルについても、威力が高いだけでなく、武将を優先して狙ってくれるのが嬉しいところです。

 

前線を任せやすい武将なので、他に盾系武将がいない時は、使用を検討してはいかがでしょうか?

 

■スポンサーリンク

おわりに

ということで今回は、星3武将について紹介させていただきました

三国天武を始めたばかりの方やこれから始める方は参考にしてみて下さい(´∀`)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

■スポンサーリンク