S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週14回8時、20時にブログを更新しています!

MENU ■スポンサーリンク

【IT】Unix、Linuxで検索するときに覚えておきたい正規表現とは?

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

本日はIT投稿日ですので、基本的なIT知識について紹介していきます。

 

■スポンサーリンク

フリーランスの報酬を即日払い【FREENANCE】

 

 

はじめに

以前Unix、Linuxの操作コマンドについて紹介した際に「grep」という検索コマンドが出てきましたが、その検索時に重要なのが正規表現についての考え方です。

 

Unix、Linuxの「grep」コマンドについてはこちらをチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

そこで今回はUnix、Linuxサーバーを操作する上で使用頻度の高い、正規表現についてご紹介していきます。

 

正規表現を理解すれば、「grep」コマンドで検索できる範囲もかなり幅広くなりますので、是非この機会でしっかり頭に入れていてください。

 

f:id:kadhinaru:20190108000609j:plain

 

正規表現とは?

まずは正規表現とは何か?という点について見ていきましょう。

一言で言うと、正規表現とは何かの文字列を、別の記号で置き換える手法を指します。

 

例えば「.」は任意の1文字として判定されるため、「ab」「ac」を同時に検索したい時は、「a.」などで検索すると「ab」「ac」両方を探し出すことができます。

 

因みにこういった「.」のような、他の文字列を代替する特殊な記号について、「メタキャラクター」や「ワイルドカード」と呼ばれることもあるので、合わせて覚えておくとよいでしょう。

 

正規表現の種類

続いて、よく使用する正規表現について解説していきます。

 

正規表現は種類が多く、覚え始めると奥が深いですが、実際ここで紹介されているものを覚えておくだけで、ほとんど困ることはないので、頻出のものだけ覚えておいてください

 

. ドット

最初に覚えておくべきなのが、こちらの「.」

 

改行以外の任意の文字を表すので、非常に汎用性が高いです。

先ほどのように、似たような文言で一部異なる箇所があるときに、活用してください。

 

* アスタリスク

続いて抑えておきたいのは「*」

 

直前文字の0回以上繰り返しを表し、先ほどの「.」と組み合わせて「.*」とすれば、任意の文字の繰り返しを表現することもでにます。

 

「a.*z」とすれば、「abcz」「agmtz」などを同時に検索できるので、かなり便利な記号ですね!

 

+ プラス

「*」と似たような意味を持つ「+」

 

直前文字の1回以上繰り返しを表すので、「a.+z」とした場合、「az」は検索されなくなります。

抜き出したい文言に合わせて、「*」と使い分けていきましょう!

 

[] 中カッコ

「grep」検索時に非常によく使用するのが、こちらの中カッコ。

 

[0-9]のように指定することで、0~9の数字いずれかを検索することができます。

「.」で全ての文字を検索すると範囲が広すぎる場合、こちらの中カッコを用いると良いかもしれません。

 

| パイプ

最後にご紹介するのは「|」

 

(a|z)のように文字列を区切ることで、aまたはzを検索することができます。

中カッコの範囲指定でも、まだ範囲が広すぎる時は、「|」の複数指定を活用してみてください!

 

■スポンサーリンク

未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】

おわりに

ということで、今回は正規表現について紹介させていただきました。

これからIT知識を身につけていきたい方は参考にしてみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク