S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週13回7時、21時にブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【簿記3級】現金出納帳、当座預金出納帳、小口現金出納帳の違いとは?

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

本日は簿記投稿日ですので、引き続き簿記3級取得へ向けた学習内について紹介していきます。

 

■スポンサーリンク

 

 

はじめに

前回の投稿で、仕訳帳と総勘定元帳についてお伝えしましたので、現金出納帳、当座預金出納帳、小口現金出納帳について解説していきます。

 

仕訳帳と総勘定元帳の関係についてはこちら!

www.hitobashiratoushi.com

 

現金出納帳、当座預金出納帳、小口現金出納帳はどれも似たような帳票ですが、明確な違いがあります。

 

試験でどの帳票に関する問題が出題されても解けるように、それぞれがどんな帳票か正確に把握しておきましょう!

 

f:id:kadhinaru:20181216221629j:plain

 

現金出納帳とは?

それでは早速、現金出納帳とは何か?という点から見ていきましょう。

 

現金出納帳とはその名の通り、勘定科目の「現金」が関わる仕訳のみ抜き出した帳票で、このような帳簿になります。

 

※参考画像

f:id:kadhinaru:20181216215854g:plain

 

仕訳帳は日々発生する仕訳を順番に記帳していく帳票でしたが、現金出納帳は現金の動きだけを帳票に纏めているので、これがあれば現金の残高が一目瞭然で分かります。

 

現金の動きは仕訳の中でも特に多いので、抜き出して帳票に纏めることもある。と覚えておいてください。

 

当座預金出納帳とは?

続いて当座預金出納帳についてですが、先ほどの現金出納帳とは異なり、「当座預金」に関わる仕訳を纏めた帳票になります。

 

※参考画像

f:id:kadhinaru:20181216215902p:plain

 

このように、現金出納帳と形式は似ていますが、当座預金に関する内容を抜き出しているので、現金出納帳とは全く別物です。

 

簿記の試験では問題文に帳票名が明記されていますので、読み飛ばさないよう注意しましょう。

 

小口現金出納帳とは?

最後にご紹介する、小口現金出納帳ですが、こちらも名前の通り小口現金」の勘定科目に関する仕訳を抜き出したもので、現金出納帳や当座預金出納帳とは別物です。

 

※参考画像

f:id:kadhinaru:20181216215858p:plain

 

現金と小口現金の違いが分かっていないと、ピンときづらいと思いますので、良かったら下記の記事から復習してみてください。

 

現金と小口現金の違いはこちら!

www.hitobashiratoushi.com

 

仕入帳と買掛金元帳とは?

次回の投稿では、仕入帳と買掛金元帳について紹介していきます。

 

先入先出法などの絡みもあって、この辺りの帳票は簿記3級の大問2で頻出となりますので、内容をしっかり理解していきましょう!

 

■スポンサーリンク

子ども英語塾のヒューマンアカデミーランゲージスクール

おわりに

ということで、今回は現金出納帳、当座預金出納帳、小口現金出納帳の違いについて、お伝えさせていただきました。

簿記取得を目指している方は参考にしてみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク