S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週13回7時、21時にブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【IT】知っていると一目おかれる!Linuxコマンド一覧 その7

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

本日はIT投稿日ですので、基本的なIT知識について紹介していきます。

 

■スポンサーリンク

フューチャリズム

 

 

はじめに

前回の投稿で、Unix、Linuxの操作コマンドについて紹介しましたので、引き続きUnix、Linuxの操作コマンドに触れていきます。

 

Unix、Linuxの操作コマンド その6についてはこちらをチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

今回はUnix、Linuxコマンドの中でも、履歴を確認するコマンドとディレクトリ移動のためのコマンドについてまとめました。

 

何か問題が起きた時に作業履歴を確認するのはとても重要なので、最低限のコマンドはしっかり頭に入れておきましょう!

 

f:id:kadhinaru:20181017234230j:plain

 

19.last

最初にご紹介するlastコマンドは、ログインしたユーザーの記録を確認するコマンドです。

 

UNIX/Linuxサーバーに不正なログインがないかなど調べたい時は、とりあえずlastコマンドを叩いてみることで何か手がかりを得れるかもしれません。

 

UNIX/Linuxサーバーはセキュリティの観点から、かなり厳しいログイン制限をすることもあるので、そういった設定を活かす意味でも、lastコマンドを頭に入れておくと良いでしょう。

 

20.history

続いて紹介するのは、こちらのhistoryコマンド。

historyコマンドを使用すると、ここ最近で入力したコマンドを、新しいものから順に確認することができます。

 

lastコマンドと違って入力したコマンドまで確認することができるので、誰かが危険なコマンドを投入していないかなど、作業履歴を追いたい時に便利です。

 

「history -w ファイル名」のように指定すると、指定したファイルにhistoryの内容を書き込むこともできるので、こういった方法で定期的にバックアップしておくのもいいでしょう

 

21.cd

最後にご紹介するコマンドはcd。コマンドプロンプトと同じように、自身がいるディレクトリを変更するコマンドです。

 

コマンドプロンプトのcdコマンドについてはこちらをチェック

www.hitobashiratoushi.com

 

常に作業するディレクトリに移動してから作業することで、更新してはいけないファイルを更新する。といったヒューマンエラーを抑止できます。

 

作業するさいは必ずcdコマンドでの移動と、pwdコマンドでの確認を癖づけるようにしてください!

 

■スポンサーリンク

ColorfulBox

おわりに

ということで、今回はUnix、Linuxのコマンドについて紹介させていただきました。

これからIT知識を身につけていきたい方は参考にしてみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク