S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週13回7時、21時にブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【英文法】会話文に頻出!英語で感情を表す動詞とは? その5

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

本日は英語の投稿日なので、引き続き英文法について見ていきましょう。

 

■スポンサーリンク

学研のオンライン英会話【 KiminiBB】

 

 

はじめに

今回は前回に引き続き、英文法で感情を表す動詞について紹介していきます。

前回も感情を表す動詞について解説していますので、良ければそちらの記事もご確認ください。

 

感情を表す動詞 その4についてはこちらをチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

今回紹介する動詞で感情表現の紹介は最後になります。

 

他にも数多く感情表現動詞は存在しますが、ご紹介した頻出の25を覚えておくだけでも、かなり会話に役立ちますので、是非頭に入れておいてください。

 

f:id:kadhinaru:20181003221213j:plain

 

21.embarrasse

「恥ずかしがらせる」という意味の単語で、恥ずかしい思いをさせる。より、自身が恥ずかしい思いをした。時に使用することが多いです。

 

つまり受動態で使用することが多いので、しっかりと使用方法を把握しておきましょう!

 

■例文

I was embarrassed about the failure of work.(私は仕事の失敗が恥ずかしかった。)

 

22.relax

「落ち着かせる」という意味ですが、「落ち着く」という自動詞の役割も持つ単語です。

 

日本語にもなっている単語なので覚えやすいと思いますが、他者を落ち着かせる。という意味を持っている点に注意してください!

 

■例文

This song relaxes me.(この曲は私を落ち着かせる。)

 

23.relieve

「和らげる」といった意味の英単語で、痛みを和らげるなどの意味や、職務から解放するというニュアンスもあります。

 

これまでは人がS(主語)にきて受動態を作る場合がほとんどでしたが、この単語の場合痛み」などがS(主語)にきて受動態を作るので、注意してください!

 

■例文

The pain was relieved by taking medicine.(痛みは薬を飲むことで和らいだ。)

 

24.shock

「衝撃を与える」という意味の英単語です。

 

「shockを受ける」のように日本語だと悪い意味で使用されますが、英語では悪いことに限らず使用できるので、勘違いしないようにしましょう!

 

■例文

I was shocked by the news.(私はそのニュースに衝撃を与えられた。)

 

25.upset

「気を動転させる」という意味の英単語になります。

 

これまで紹介した感情表現と同様で、「気が動転した。」と表現したい時は、受動態を用いる必要があるため、気をつけるようにしてください!

 

■例文

I was upset as I watched the news(私はニュースを見て気が動転した。)

 

■スポンサーリンク

たった2カ月で伝わる英語が身に付く!【レアジョブ本気塾】

おわりに

ということで今回は英文法の感情表現動詞についてお伝えさせて頂きました。

これからTOEICの学習を始めようという方は、参考にしてみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク