S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週13回7時、21時にブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【英文法】会話文に頻出!英語で感情を表す動詞とは? その2

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

本日は英語の投稿日なので、引き続き英文法について見ていきましょう。

 

■スポンサーリンク

学研のオンライン英会話が最大1ヶ月無料のお試しレッスン【KiminiBB】

 

 

はじめに

今回は前回に引き続き、英文法で感情を表す動詞に関する内容を紹介していきます。

前回もは感情を表す動詞について解説していますので、良ければそちらの記事もご確認ください。

 

感情を表す動詞 その1についてはこちらをチェック!

www.hitobashiratoushi.com

 

感情表現の動詞はポジティブな感情とネガティブな感情を判断できので、頭に入れておけば会話文の和訳で有利になります。

 

頻出の動詞をピックアップしていくので、一つずつ丁寧に覚えていきましょう!

 

f:id:kadhinaru:20180913212909j:plain

 

6.interest

「興味をもたせる」という意味の単語で、中学校で習う定番の英単語になります。

これも自身が興味を持つ時は、受動態を用いるのが非常に重要な特徴ですね!

 

■例文

I am interested in English.(私は英語に興味を持つ。)

 

7.excite

「興奮させる」という意味の単語で、日本語でもよく使用されます。

前回紹介したthrillに近い単語なので纏めて覚えておきましょう!

 

■例文

I was excited about the game.(私はその試合に興奮した。)

 

8.convince

「確信させる」といった意味の英単語になります。

 

TOEICで非常によく目にする単語なので、意味だけでなく使い方までしっかりマスターせておいてください。

 

■例文

I am convinced of success.(私は成功を確信する。)

 

9.confuse

「混乱させる」という意味の英単語です。

 

ゲームなどでよく目にする単語ですが、改めて相手を混乱させる。」という意味であることは、意識しておきましょう!

 

■例文

I was confused by the twins.(私は双子を見て混乱した。)

 

10.amuse

「興奮させる」という意味の英単語で、受動態で使用することが多い単語です。

exciteやinterestにニュアンスは近いので、比較的和訳しやすい単語だと思います。

 

■例文

I was amused by her story.(私は彼女の話が面白かった。)

 

■スポンサーリンク

【レアジョブ本気塾】

おわりに

ということで今回は英文法の感情表現動詞についてお伝えさせて頂きました。

 

次回も引き続き感情表現動詞を紹介していきますので、これからTOEICの学習を始めようという方は、参考にしてみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク