S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週13回7時、21時にブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【株式投資】種類が豊富!iFreeインデックスシリーズの魅力を纏めました!

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

本日は長期株式投資の運用実績と、iFreeインデックスシリーのまとめ記事になります。

 

 

まずは現在の運用状況です。

 

運用状況

f:id:kadhinaru:20180904203418j:plain

 

インデックスファンド

  • ニッセイTOPIXインデックスファンド(1年3ヵ月目)
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド(1年3ヶ月目)
  • SMT 新興国株式インデックス・オープン(9ヶ月目)

 

アクティブファンド

  • 投資のソムリエ(6ヶ月目)
  • ニッセイ健康応援ファンド(6ヶ月目)

 

ポートフォリオ

■運用益(+7.26%

■当面の目標:200万

f:id:kadhinaru:20180904203414j:plain

 

■スポンサーリンク

不動産投資ローン借り換えはモゲチェック・プラザ

 

それでは、これまで紹介したiFreeインデックスシリーズをまとめていきます。

 

iFreeインデックスは信託報酬が低めで、種類も豊富な優良ファンドです。

是非気になった記事を確認して、自身のポートフォリオに組み込んでみてください。

 

iFreeシリーズ

iFree 日経225インデックス

www.hitobashiratoushi.com

 

日経平均をベンチマークとした、インデックスファンドなので、TOPIXよりも集中的に大手企業へ投資できます。

 

iFree TOPIXインデックス

www.hitobashiratoushi.com

 

TOPIXをベンチマークとした、インデックスファンドなので、日経平均と使い分けてください!

 

iFree JPX日経400インデックス

www.hitobashiratoushi.com

 

日本の400社に投資している変わり種のファンドです。

東証1部以外の企業にも投資したい方はこちら!

 

iFree 日本債券インデックス

www.hitobashiratoushi.com

 

日本債券インデックスですが、eMAXIS Slimに比べると信託報酬が高いのはネックです。

 

iFree 外国株式インデックス

www.hitobashiratoushi.com

 

先進国株式を投資対象としたインデックスファンドの中でも、かなり信託報酬が安い分類に入るので、魅力的なファンドと言えます。

 

iFree NYダウ・インデックス

www.hitobashiratoushi.com

 

ダウ平均に投資できるので、少しリスクは上がりますが、大きいリターンを狙いたい方にとっては有力な投資対象ですね!

 

iFree S&P500インデックス

www.hitobashiratoushi.com

 

S&P500をベンチマークとしたインデックスファンドで、かの有名なウォーレンバフェットも進めている指標です。

 

iFree 外国債券インデックス

www.hitobashiratoushi.com

 

先進国の債券を投資対象としたインデックスファンドですが、債券はあまり大きなリターンを見込めないので、積極的にポートフォリオへ組み込む必要は無さそうです。

 

iFree 新興国株式インデックス

www.hitobashiratoushi.com

 

新興国を対象とするファンドはリスクもリターンも高くなるので、少額購入しておくのが面白いですよ!

 

iFree 新興国債券インデックス

www.hitobashiratoushi.com

 

新興国債券は債券の中では比較的値動きが激しいので、安全資産の位置付けで購入するのはオススメできません。

 

iFree J-REITインデックス

www.hitobashiratoushi.com

 

日本の不動産に投資できるJ-REIT。不動産に興味はあるけどローンを組むのが難しい方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

iFree 外国REITインデックス

www.hitobashiratoushi.com

 

外国REITインデックスでは、海外の不動産に投資できます。

債券もそうですが、株式と値動きが異なる投資対象にも投資しておくと、リスクに強いポートフォリオを組めますよ!

 

iFree 8資産バランス

www.hitobashiratoushi.com

 

日本株式、先進国株式、新興国株式、日本債券、先進国債券、新興国債券、日本REIT、外国REITの8資産に投資できるインデックスファンドで、リバランスが面倒な方はこれを選択するのも良いでしょう。

 

■スポンサーリンク

おわりに

ということで、今回はiFree インデックスシリーズのまとめ記事になります。

これから株式投資を始める方は、良かったら参考にしてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク