S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週13回7時、21時にブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【株式投資】iFree 新興国債券インデックスの魅力とは?

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

木曜日ですので、本日は長期株式投資の運用実績と、iFree 新興国債券インデックスの特徴について紹介していきます。

 

 

まずは現在の運用状況です。

 

運用状況

f:id:kadhinaru:20180828234433p:plain

 

インデックスファンド

  • ニッセイTOPIXインデックスファンド(1年3ヵ月目)
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド(1年3ヶ月目)
  • SMT 新興国株式インデックス・オープン(9ヶ月目)

 

アクティブファンド

  • 投資のソムリエ(6ヶ月目)
  • ニッセイ健康応援ファンド(6ヶ月目)

 

ポートフォリオ

■運用益(+4.86%

■当面の目標:200万

f:id:kadhinaru:20180828234439p:plain

 

今月はもの凄い勢いで新興国株式と、国内のアクティブファンドがマイナスしており、かなり運用益も減っています…

 

そんな中で先進国株式は堅調な推移を保っているので、改めて先進国株式の組み入れを考えさせられました。

 

余裕資金ができ次第、早急にポートフォリオを調整していきたいと思います。

 

■スポンサーリンク

不動産投資ローン借り換えはモゲチェック・プラザ

 

それでは、iFree 新興国債券インデックスについて詳細をお伝えしていきます。

 

iFree 新興国債券インデックス

・運用会社:大和投資信託

・純資産残高:18.49億円

・分配金:なし

・購入手数料:なし(ノーロード)

・信託報酬:0.2376%

 

f:id:kadhinaru:20180828235321j:plain

 

このファンドは、JP Morgan Government Bond Index-Emerging Markets Global Diversified:(GBI-EM Global Div)をベンチマークとして、新興国債券に投資しているインデックスファンドです。

 

JP Morgan Government Bond Index-Emerging Markets Global Diversified:(GBI-EM Global Div)は、非常に長い名称で分かりづらいですが、新興国16ヵ国の国債を対象とする新興国債券指数になります。

 

主な投資対象はブラジル、ロシア、タイなど、新興国といっても勢いのある国の比率が多く、大きなリターンを得られる可能性は十分にありそうです。

 

反面大きく下がる可能性もあり、先進国債券に比較するとかなりリスクが大きいので、ポートフォリオへの組み入れ比率は低めにしておいた方が無難でしょう。

 

先進国債券インデックスファンドの情報はこちら!

www.hitobashiratoushi.com

 

今回ご紹介したiFree 新興国債券インデックスは、同ベンチマークの中で信託報酬最安なので、新興国債券に投資をしたい際は、是非投資対象として検討してみてください!

 

■スポンサーリンク

再生エネルギー投資マッチングサイト「エネイチ」

おわりに

ということで、今週はiFree 新興国債券インデックスについてお伝えさせて頂きました。

これから株式投資を始める方は、良かったら参考にしてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク