S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに毎日21時、月火木金土7時ブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【書評】ウォール街のランダム・ウォーカーが支持され続ける理由とは?

どうもー、S.Y N(シン)です。

 

本日は読書投稿日ですので、オススメの本について紹介していきます。

まずは現在の読書数についてアップデートです。

 

■現在の読書数:410冊

■短期目標:500冊

 

それでは今週ご紹介する一冊はこちらです。

 

 

■スポンサーリンク

雑誌170誌以上、マンガ20,000冊以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上が読み放題
【ブック放題】

ウォール街のランダム・ウォーカー

ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理

ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理

 

 

本書は、45年前に初版が発売されてから、実に半世紀近く読者を魅了してやまない、株式投資に関する一冊です。

 

500ページ以上の大作で、株式投資の不滅の真理として、株式投資をする方にとってバイブルのような存在でもあります。

 

今回は、そんな本書がなぜこれだけ長い期間ベストセラーなのか?という観点で、本書の魅力を紹介していきます!

 

f:id:kadhinaru:20180722212122j:plain

 

1.一貫性のある主張

最初に紹介する魅力は、本書で紹介されている、市場平均に基づくインデックスファンドが最高の投資先である。という一貫性のある主張です。

 

本によっては読み進めていくほどに、何が言いたいのか分からなくなることもありますが、本書は最初から最後まで軸がしっかりしており、内容にブレがありません。

 

お陰で最後まで読み進める頃には、いかにインデックスファンドが優れた投資先か、明確に分かるようになっています!

 

2.検証に裏打ちされた実績

続いて紹介する魅力は、検証に裏打ちされた実績です。

 

いかにインデックスファンドが優れていると主張しても、それを証明する検証結果がなければ、優れている理由が伝わりません…

 

本書では様々な角度からインデックスファンドの有用性を検証しており、その検証に基づくリターンも明示しているため、インデックスファンドが優れている理由を明確に理解することができます。

 

何より、こういった主張や検証を45年前から続けているのが、株式投資の真理として長年愛用される所以ですね!

 

3.少しの遊びゴコロ

最後にご紹介する魅力は、ちょっとした遊びゴコロを含んでいる箇所になります。

 

筆者は、インデックスファンドが優れているという一貫した主張は崩さないものの、自身で銘柄を探して投資したい気持ちも分かると、一定の理解を示しています。

 

そして、投資の中心にはインデックスファンドを据えつつ、残ったお金で魅力的な投資先を探す方法についても紹介しています

 

しっかりした軸を持ちつつ、柔軟な考え方も織り込むことで、様々な投資家を魅了する内容になっているんですね!

 

■スポンサーリンク

おわりに

ということで、今週は株式投資に関する本について紹介させて頂きました。

 

この他にも、金や不動産への投資などについて幅広く解説されていますので、より詳しい内容が知りたい方は、是非本書を読んでみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク