S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週13回7時、21時にブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【書評】RPAとAIは何が違うのか?

どうもー、S.Y N(シン)です。

 

本日は読書投稿日ですので、オススメの本について紹介していきます。

 

■スポンサーリンク

初月無料!雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が読み放題!【ブック放題】

 

まずは現在の読書数についてアップデートです。

 

■現在の読書数:399冊

■短期目標:500冊

 

 

それでは今週ご紹介する一冊はこちらです。

 

RPAの威力

RPAの威力 ~ロボットと共に生きる働き方改革~

RPAの威力 ~ロボットと共に生きる働き方改革~

  • 作者: 安部慶喜(アビームコンサルティング株式会社),金弘潤一郎(アビームコンサルティング株式会社)
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2017/11/16
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

本書では昨今耳にすることが多いRPAについて、RPAとは何か?RPAとAIの違いは?RPAの導入事例とは?といった観点で解説されています。

 

RPAは様々な企業の働き方改革にも利用されており、IT業界の方はもちろん、IT業界でない方にとっても避けて通れないワードになりつつあります。

 

RPAが何か分からないという状態を避けるためにも、是非本書でRPAの基礎を学んでいきましょう。

 

それでは、そんな本書で紹介されている内容から、特に勉強になった点を3つ紹介していきます!

 

f:id:kadhinaru:20180606232240j:plain

 

1.RPAとは何か?

最初に紹介するのは、そもそもRPAとは何か?という点についてです。

 

RPAとはRobotic Process Automation の略で、その名の通り人間がパソコンで行なっていた作業を、ロボットが代替する手法を指します。

 

日常業務では決まった資料を作成したり、決まったデータを集めてくる定型作業は意外と多いので、そういった作業をロボットが代わりに担ってくれる。というわけですね!

 

RPAで人間の作業量を減らすことによって、業務効率化や、少子化の対策として期待が寄せられています。

 

2.RPAとAIの違いは?

続いて紹介するのは、RPAとAIの違いについてです。

 

どちらも最近期待されているIT技術に違いはないですが、AIは大量のデータを学習して自主的にできることを増やすのに対し、RPAはあくまで人間が指定した通りの動作をします。

 

加えて、RPAは指定した狭い範囲の作業を100%の精度で実施するのに対し、AIはより広い範囲の作業を人間のように失敗しながら学んでいくという特性があります。

 

こうして両者の違いを見ていくと、それぞれ一長一短はありますが、データ解析など決まった動作で正確性が求められる作業は、AIよりRPAの方が向いていると分かります。

 

3.RPAの導入事例とは?

最後に紹介するのは、RPAの導入事例についてです。

 

RPAの導入事例は、海外も含めると既に数百社に上っており、その内97パーセントが5割以上の業務削減に成功していると言います。

 

RPAはAIに比べて導入コストが低く、段階的な導入も可能なため、目を付けてから導入までの速度が速く、爆発的な増加につながっているようですね。

 

みなさんも是非ご自身の業務を振り返っていただき、RPAに置き換えられそうな業務が多ければ導入を検討してみてはどうでしょうか

 

■スポンサーリンク

おわりに

ということで、今週はRPAに関する本について紹介させて頂きました。

 

他にも実際の導入事例や、RPAの今後についてなど、勉強になることが沢山記載されていますので、より詳しい内容が知りたい方は、是非本書を読んでみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク