S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週13回7時、21時にブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【IT】Web(ウェブ)とwwwは何が違うのか?

どうもー、S.Y N(シン)です。

 

本日はIT投稿日ですので、基本的なIT用語について紹介していきます。

 

■スポンサーリンク

ネットワークエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)

 

 

はじめに

前回の投稿で、キャッシュの役割と利点を紹介した時に、ウェブサイトの話が出てきました。

そこで今回は、IT知識の基礎とも言えるWeb(ウェブ)についてお伝えしていきます!

 

キャッシュの役割と利点を知りたい方はこちら!

www.hitobashiratoushi.com

 

Web(ウェブ)というのは、あまりに当たり前に使われ過ぎて、意味がわからなくても人に聞くことができません…

また、意味を知っていても由来などを知らない方は、意外と多いのではないでしょうか?

 

職場ではあまりに簡単なIT用語は知っている前提で話が進むことも多いので、この場でしっかりWeb(ウェブ)の知識を固めておきましょう!

 

f:id:kadhinaru:20180527111306j:plain

 

Web(ウェブ)とは?

それでは早速Web(ウェブ)とは何か?と言う点から解説していきます。

 

Web(ウェブ)というのは、英語で「クモの巣」という意味で、その名の通りネットワークを介して様々なPCやスマホなどが、クモの巣上につながっている仕組みのことを指します。

 

Web(ウェブ)サイトと言われると、インターネットを使用してPCやスマホから閲覧できるイメージがありますよね?

 

それはWeb(ウェブ)サイトがインターネット上でクモの巣上につながっているから、PCやスマホから閲覧できるというわけです。

 

wwwとは?

wwwとは「World Wide Web」の略で、世界中に繋がったWeb(ウェブ)のことを指します。

 

そしてWeb(ウェブ)とwwwの違いですが、実はほとんどの場合wwwのことを省略してWeb(ウェブ)と言っているので、Web(ウェブ)とwwwはニアリーイコールと考えておけば、基本的には問題ありません。

 

ただし、気をつけなければいけないのは、厳密に言うとWeb(ウェブ)とwwwは若干意味が異なるということです…

 

ではどういった細かい違いがあるのか?

次項で詳しく見ていきます。

 

Web(ウェブ)とwwwの違いとは?

これは勘違いしやすいポイントですが、Web(ウェブ)サイトというだけでは、正確にはインターネット上で閲覧できるとは限りません。

 

Web(ウェブ)サイトには社内からしか閲覧できなかったり、個人で作成したものが含まれるからです。

 

あくまでWeb(ウェブ)サイトをインターネットを介して世界中に繋げることで、wwwとして世界中から閲覧することができるんですね!

 

普段はそこまで厳密に意識しなくても大丈夫ですが、Web(ウェブ)サイトを作成する場合は、会話で出てくるWeb(ウェブ)がWeb(ウェブ)サイトやWeb(ウェブ)ブラウザを指しているのか、wwwを指しているのか意識するようにしましょう!

 

■スポンサーリンク

現金で30,000円キャッシュバック【SoftBank Air】

おわりに

ということで、今回はWeb(ウェブ)の役割と利点について紹介させていただきました。

 

次回はブラウザの詳細について紹介していきますので、これからIT知識を身につけていきたい方は参考にしてみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク