S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週13回7時、21時にブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【英文法】可算名詞と不可算名詞の違いと見分け方とは?

どうもー、S.Y N(シン)です。

 

金曜ですので、本日は英文法について投稿していきます。

 

■スポンサーリンク

【BizEnglish(ビズイングリッシュ)】

 

 

はじめに

ネットで調べると可算名詞と不可算名詞の見分け方には様々な説があり、勿論それらを全てマスターすれば見分けることが可能です。

 

ただ私が英語の勉強を始めた時に感じたのは見分けるための条件が多いなあ…」ということでした。

 

そこで今回は、これだけ押さえておけば大体の名詞を見分けることができる、可算名詞と不可算名詞の違いと見分け方についてお伝えしていきます。

※前回は冠詞の使い分けについて紹介していますので、良ければ過去記事もご参照ください。

 

www.hitobashiratoushi.com

 

前回ご紹介した通り冠詞を使い分けるためには、名詞が可算名詞と不可算名詞のどちらかを見分ける必要があります

 

可算名詞と不可算名詞の違いを理解して、冠詞や複数形を使いこなせるようになりましょう!

 

f:id:kadhinaru:20180513224007j:plain

 

可算名詞とは?

それでは早速可算名詞とは何か?という点から解説していきます。

 

といっても全く難しいことはなく、可算名詞とはその名の通り数えられる名詞」を指します。

 

例:cat、apple、penなど

 

このように、猫・リンゴ・ペンは、いずれも数えられる名詞ですよね?

このやうな名詞が可算名詞になります。

 

不可算名詞とは?

続いて不可算名詞ですが、これも可算名詞が分かっていれば簡単で、「数えられない名詞」を指します。

 

例:water、information、airなど

 

可算名詞よりややこしく感じるかもしれませんが、ここで紹介した水・情報・空気はいずれも数えることができません。

 

つまりここで紹介した単語は、いずれも不可算名詞であるといえます。

 

可算名詞と不可算名詞の違いとは?

それでは今日の本題、可算名詞と不可算名詞の違いと見分け方について解説です!

 

先述の通りややこしく細かい条件は置いておいて、見分ける時に考える条件を1つだけお伝えしましょう。

 

それがこちら!

 

【見分ける条件】

・境界線(区切り)があるか?

 

では具体的に見ていきます。

まず、先ほど紹介したcat、apple、penですが、これは明確な区切りがあって1つ2つと数えることができますよね

 

逆にwater、information、airは区切りが曖昧なので、数えることができません。したがって不可算名詞であることが分かります。

 

もちろん例外もあって、例えばmoney(お金)は区切りがあって数えられそうですが、不可算名詞になります。

 

これはmoneyがお金という概念を指しており、極端に言えば世界のお金全体を指している単語なので区切れないんですね。

※代わりにbill(紙幣)は1枚2枚と数えることができるので、可算名詞です。

 

このように例外は存在するものの、この条件だけでも8割がたの名詞は見分けることが可能です。

 

可算名詞と不可算名詞はネイティブも感覚で使い分けている部分があるので、いきなりその感覚を完璧にするのは難しいでしょう…

 

なので、まず簡単な見分け方を覚えて、慣れてくれば例外パターンを覚えるようにしていく方が、結果的に感覚を掴みやすくなりますよ!

 

■スポンサーリンク

ハワイ留学ハワイパームスイングリッシュスクール【Hawaii Palms English School】

 

おわりに

ということで今回は英文法の可算名詞と不可算名詞の見分け方についてお伝えさせて頂きました。

これからTOEICの学習を始めようという方は、参考にしてみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク