S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに毎日21時、月火木金土7時ブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【金投資】日本の金産出量は世界何位なのか?

どうもー、S.Y N(シン)です。

 

日曜はその他投資について投稿しているので、今回は金投資の状況について紹介したいと思います。

※前回は金産出量のベスト3について紹介していますので、良ければそちらもご確認ください。

 

www.hitobashiratoushi.com

 

それでは、現状の運用実績はこちらです。

 

 

■スポンサーリンク

事業資金調達の【ファクタリングゴールド】

 

運用実績

f:id:kadhinaru:20180506220141p:plain

 

■月々の積立額:3千円

■金の保有量:7.56625g

■時価評価額:34,730円

■評価損益:-1,629円

■当面の目標:10万円

 

久しぶりにグラム単価が4,600円台にまで下がり、金の買い時になりつつあります。

 

これまでの平均取得単価は4,800円を超えているので、このまま少し取得単価を落とせるといいですね!

 

f:id:kadhinaru:20180506220915j:plain

 

それでは、日本の金産出量は世界何位なのかについて紹介していきます。

 

日本の金産出量

ランキング

では早速日本の金産出量ランキングですが、直近のデータで41位(7.7トン産出)となります。

 

前回ご紹介の通り産出量トップは中国であり、産出量は450トンですので、日本は中国の約1/60しか産出していません。

 

この量を意外に多いなと感じる方もいれば、えっ?そんなに少ないの?と感じる方もいるのではないでしょうか?

 

後者の方は「黄金の国ジパング」と呼ばれていたイメージが強いのかもしれませんね。

 

確かに日本は昔「黄金の国ジパング」と呼ばれ、世界有数の金産出国でしたが、近年は金の産出量が減っています…

 

ではなぜ金の産出量が減っているのか?過去の経緯を見ていきましょう!

 

金産出量減少の経緯

かつて日本の金産出を支えていたのは、佐渡金山という有名な金山で、約400年近く金の採掘が行われていました。

 

発見された当初は金の含有量も多く、日本は世界有数の金産出国として有名になります。

 

しかし、長年の採掘によりあらかた金の採掘が終わってしまったため、1989年に佐渡金山は閉鎖されてしまいます…

 

以降も他の金鉱山が閉鎖されていき、日本の金産出量は減少していったわけです。

 

現在日本の金はどこで産出されているのか?

佐渡金山が閉鎖された後も、年間7.7トンの金をどこで産出しているのか?という点についてですが、ほとんどの採掘は菱刈鉱山で行われています。

 

菱刈鉱山は金の含有量が多く採算を取りやすいので、数少ない日本で採掘を継続している金鉱山なんですね!

 

また、金の産出は電子機器などのリサイクルからも得ることができます。

 

どちらかというと、現在はリサイクルの方が主流で、7.7トンの内訳は圧倒的にリサイクルで取れる金が多い。と言われています。

 

■スポンサーリンク

 大人気!お金の自己啓発セミナー

 

おわりに

ということで今週は日本の金産出量ランキングについてお伝えさせていただきました。

金投資に興味のある方は参考にしてみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク