S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに毎日21時、月火木金土7時ブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【IT】ルーターとハブの違いとは?ネットワークに明るいエンジニアを目指そう!

どうもー、S.Y N(シン)です。

 

本日はIT投稿日ですので、ITの基礎知識について紹介していきます。

 

■スポンサーリンク

現金で30,000円キャッシュバック【SoftBank Air】

 

 

はじめに

前回の投稿で、ハブとスイッチングハブの違いについて紹介しましたので、今回はルーターとハブの違いについて紹介していきます。

※ハブとスイッチングハブの違いは前回記事を参照ください。

 

www.hitobashiratoushi.com

 

この辺りのネットワーク機器はかなりややこしいですが、正しい知識を持っていないとネットワークを構築できないので、しっかりと役割を押さえておきましょう!

 

f:id:kadhinaru:20180420233614j:plain

 

ルーターとは?

ルーターとは英語でrouterと表記され、その名の通りrout(道)をer(決めるもの)となります。

 

つまり、パソコンがどこに繋ぎにいくのか?というルートを整理する機能が備わっているんですね!

 

このルーターのお陰で、私たちがパソコンで接続先のURLやIPアドレスを指定した時に、その指定した接続先に道ができて、接続できるというわけです。

 

ルーターとハブの違い その1

ここまでの内容で、前回記事も読んでいただいた方はこのような疑問点を、持たれるかもしれません。

 

ハブは接続先を判別できないけど、スイッチングハブは接続先を判別できるんじゃないの?ルーターと何が違うの?

 

確かにスイッチングハブは接続先を判別して、接続先全てにデータを送るのではなく、送り先にだけデータ通信することができます。

 

しかし、ルーターが接続先を指定しない限り、ハブ単体ではどこに接続していいか判断することができません…

 

つまり、あくまでルートを整理するのがルーターで、複数機器を接続するのがハブの役割ということです!

 

ルーターとハブの違い その2

少しネットワークの知識がある方だと、このように感じる方もいるかもしれません。

 

ルーターにも複数のLANを刺せるんだから、ハブなんかいらないんじゃないの?

 

これはご認識の通りで、最近のルーターはスイッチングハブ内蔵型になっているものも多く、その場合ルーターに複数のLANを指すことで、ハブがなくても複数のネットワークに接続できます。

 

ただ、家庭で使用する分には問題なくても、職場で複数のPCやプリンターを接続する場合は、ルーターだけではLANの刺し口が足りなくなることも多いんですね…

 

結局スイッチングハブが必要になってくるので、ルーターとハブの違いは区別できるようにしておきましょう!

 

■スポンサーリンク

インフラエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)

 

おわりに

ということで、今回はルーターについて紹介させていただきました

これからIT知識を身につけていきたい方は参考にしてみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク