S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに毎日21時、月火木金土7時ブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【書評】不動産投資に興味のある方必見!実物不動産投資とREITの違いとは?

どうもー、S.Y N(シン)です。

 

本日は読書投稿日ですので、オススメの本について紹介していきます。

 

■スポンサーリンク

雑誌170誌以上、マンガ20,000冊以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上が読み放題
【ブック放題】

 

まずは現在の読書数についてアップデートです。

 

■現在の読書数:371冊

■短期目標:500冊

 

 

それでは今週ご紹介する一冊はこちらです。

 

REITまるわかり!徹底活用術

REIT(不動産投資信託)まるわかり! 徹底活用術2017-2018年版 (日経ムック)

REIT(不動産投資信託)まるわかり! 徹底活用術2017-2018年版 (日経ムック)

 

 

本書はREIT市場を中心に、様々な観点からオススメの銘柄やファンドを紹介する雑誌形式の1です。

※REITの詳細については、過去記事をご参照ください。

 

www.hitobashiratoushi.com

 

専門家や不動産業界役員の意見が多数掲載されており、REITで銘柄を選ぶ際に役立つ情報が満載ですので、実物不動産投資やREITへの投資を検討している方に、非常にオススメの1冊となります!

 

今回はそんな本書で紹介されている内容から、実物不動産投資やREITの違いに着目して、勉強になった点を3つご紹介していきます。

 

f:id:kadhinaru:20180304115253j:plain

 

1.収益性

まず最初に紹介するのは、収益性の違いについてです。

 

投資をする上で1番気になるのは収益性ですが、これは実物不動産投資に軍配が上がります。

 

勿論REITも分配金によってそれなりに収益は上がるのですが、やはりトータルすると賃貸収入の方が多くなりやすいようですね。

 

また、実物不動産は銀行でローンを組むことで、少ない資金でも大きな収入を狙えるのが魅力となります!

 

今は低金利でローンも組みやすいので、収益性を重視したい方は、実物不動産投資を検討してみてください。

 

2.リスク

続いて紹介するのは、リスクの違いについてです。

 

これは大方想像通りかもしれませんが、REITに軍配があがります。

 

そもそも、不動産投資やREITには共通の大きなリスクとして空室リスクがつきまといますので、如何に空室リスクを軽減していくかが投資の肝と言えます。

 

そして、空室リスクを軽減する上で効果的な方法が分散投資となるのですが、実物不動産投資の場合、分散投資しようにももう1件マンションを購入するのはハードルが高いですよね?

 

その点REITであれば、気軽に複数銘柄に投資することができるので、自身である程度空室リスクをコントロールすることができます。

 

投資はしたいけど、あまり大きなリスクを負いたくないという方は、REITがオススメですよ!

 

3.流動性

最後にご紹介するのは、流動性の違いについてです。

 

はっきり言ってこの点に関しては、実物不動産投資はREITの足下にも及びません。

 

REITは株式投資に近いので売りたい時に売れますし、「思ったほど高く売れなかった…」ということも起こりづらいですが、実物不動産は買い手が見つかるまで売ることもできず売値も買い手の状況に左右されます。

 

流動性が低いということは、どうしても現金が入り用な時に換金できなくて困る可能性がありますので、実物不動産投資をする際は余剰資産も確保しておくようにしましょう!

 

■スポンサーリンク

街の本屋さんを応援するオンライン書店【e-hon】

 

おわりに

ということで、今週は不動産投資に関する本について紹介させて頂きました。

より詳しい内容が知りたい方は、是非本書を読んでみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク