S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに毎日21時、月火金7時ブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【株式投資】SMTAMダウ・ジョーンズ インデックスファンドの特徴

どうもー、S.Y N(シン)です。

 

木曜日ですので、本日は長期株式投資の運用実績と、SMTAMダウ・ジョーンズ インデックスファンドの特徴について紹介していきます。

 

まずは現在の運用状況です。

 

■運用状況

f:id:kadhinaru:20180111215436p:plain

 

[インデックスファンド]

  • ニッセイTOPIXインデックスファンド(1年5ヵ月目)
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド(1年5ヶ月目)
  • SMT 新興国株式インデックス・オープン(11ヶ月目)

 

[アクティブファンド]

  • 投資のソムリエ(9ヶ月目)
  • ニッセイ健康応援ファンド(9ヶ月目)

 

ポートフォリオ

f:id:kadhinaru:20180111215423p:plain

 

■運用益(+14.9%)

■当面の目標:100万

 

2018年の年初に日経平均は23000を超えて、どこまで伸びていくのかが楽しみな状況です。

 

2017年は1年を通して株価高騰に湧いた1年でしたので、今年もそうなるといいですね!

 

■スポンサーリンク

株式投資型クラウドファンディング

 

それでは今週も、私が次に購入を検討しているファンドの詳細をお伝えしていきます

今回はこちらです!

 

・SMTAMダウ・ジョーンズ インデックスファンド

 

このファンドは、NYダウをベンチマークとして、米国株式に投資できるインデックスファンドです。

 

NYダウをベンチマークとしているインデックスファンドとしては、以前ご紹介したiFree NYダウインデックスなどがあります。

※iFree NYダウインデックスに関しては、過去記事をご参照ください。

 

 

www.hitobashiratoushi.com

 

ではSMTAMダウ・ジョーンズ インデックスファンドの特徴を、さらに細かく見ていきましょう。

 

【ファンドの特徴】

・運用会社:三井住友トラスト・アセット

・純資産残高:224.02億円

・分配金:20円(2015年4月)

・購入手数料:なし(ノーロード)

・信託報酬:0.7452%

 

f:id:kadhinaru:20180112074444j:plain

 

主な特徴はこんな感じです。

前回紹介したSMT JPX日経インデックス400・オープンと同様で、インデックスファンドの中では、かなり信託報酬が高いファンドになります。

 

iFree NYダウインデックスの信託報酬が0.243%であることを考えると、なんと0.5%もの開きがあるので、敢えてSMTAMダウ・ジョーンズ インデックスファンドを選ぶ理由は無さそうです。

 

購入を検討してみたものの、残念ながらiFree NYダウインデックスには見劣りするといった印象ですね。

 

これから米国株式に投資を検討している方には、iFree NYダウインデックスがオススメだと思います!

 

■スポンサーリンク

 大人気!お金との付き合い方セミナー!

 

ということで、今回は私が購入を検討したファンドについてお伝えさせて頂きました。

これから株式投資を始める方は、良かったら参考にしてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク