S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに毎日21時、月火金7時ブログを更新しています!

■スポンサーリンク

【書評】トランプとメディア、嘘つきはどっち?

どうもー、S.Y N(シン)です。

 

本日は読書投稿日ですので、オススメの本について紹介していきます。

 

■スポンサーリンク

毎月最大1200ptお得!【ひかりTVブック月額プラン】

 

まずは現在の読書数についてアップデートです。

 

■現在の読書数:344冊

■短期目標:500冊

 

それでは今週ご紹介する一冊はこちらです。

 

■ニュースの“なぜ?”は世界史に学べ2

ニュースの

ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ 2 日本人が知らない101の疑問 (SB新書)

 

 

本書は世界で発生しているニュースについて、誰もが疑問に感じる点を取り上げ、世界史の観点で説明されています。

 

ネットニュースを見ているだけでは、今何が起こっているかはボンヤリ分かりますが、なぜそういった事態になっているか、なかなか理解できません。

 

そんな時、こういった本から世界史を学ぶことで、なぜ今の状況が出来上がっており、今後どうするべきかが、少しずつ見えてくると思います。

 

今回はそんな本書で紹介されている内容から、特に勉強になった点を3つご紹介していきます。

※どれもボリュームのある内容なので、全3回に分けてご紹介していきます。

 

f:id:kadhinaru:20180107220827j:plain

 

【ニュースに関して勉強になった3点】

1.トランプとメディア、嘘つきはどっち?

 

まず最初に紹介するのは、トランプとメディアの関係についてです。

 

そもそも共和党のトランプと民主党のヒラリーで選挙した際に、何故メディアはヒラリー有利と報道していたのでしょうか?

 

それは国際金融資本が、国内外で自由に商売したいから関税や国境を無くしていきたい。という考えに起因します。

 

では、国際金融資本とは何か?という点についてですが、国際金融資本はアメリカ東海岸で金融の仕事をしており、豊富な資金力からアメリカのメディアに大量の資金を投資して、メディアに強い影響力を持っています。

 

民主党は関税や国境を無くすグローバル向きの考えに対して、共和党は自国の経済を守る保護主義なので、アメリカのメディアは民主党に勝ってほしいと考えているんですね

 

もちろん、どちらの考えも一長一短あるのですが、そういった背景から共和党のトランプとメディアの利害は一致していないということになります。

 

だからと言ってメディアが報じている全てが嘘とは限りませんが、少なくとも「オバマ大統領の就任式典より、トランプ大統領の時の方が人が少ない」などは、ネット上で嘘だと見破られたようです。

 

このことからも分かる通り、メディアの報道を鵜呑みにするのではなく自身で勉強して何が真実かを見極めていくのが、重要だと思います。

 

■スポンサーリンク

街の本屋さんを応援するオンライン書店【e-hon】

 

ということで、今週は世界史に関する本について紹介させて頂きました。

より詳しい内容が知りたい方は、是非本書を読んでみてください(´∀`)

 

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク