S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに毎日21時、月火木金土7時ブログを更新しています!

■スポンサーリンク

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスの特徴

どうもー、S.Y N(シン)です。

 

木曜日ですので、本日は長期株式投資の運用実績と、eMAXIS Slim 新興国株式インデックスの特徴について紹介していきます。

 

まずは今週1週間の運用状況です。

 

■運用状況

f:id:kadhinaru:20171217200341p:plain

 

[インデックスファンド]

  • ニッセイTOPIXインデックスファンド(1年4ヵ月目)
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド(1年4ヶ月目)
  • SMT 新興国株式インデックス・オープン(10ヶ月目)

 

[アクティブファンド]

  • 投資のソムリエ(8ヶ月目)
  • ニッセイ健康応援ファンド(8ヶ月目)

 

ポートフォリオ

f:id:kadhinaru:20171217200335p:plain

 

■運用益(+12.1%)

■当面の目標:100万

 

いよいよ2018年も始まり、今年中には目標の100万円を超えたいと思っています。

 

2017年の運用実績は現在取りまとめ中なので、もう暫くお待ちください。

 

■スポンサーリンク

 

それでは今週も、私が次に購入を検討しているファンドの詳細をお伝えしていきます

今回はこちらです!

 

・eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

 

このファンドは、以前紹介したeMAXIS Slim 国内株式インデックスやeMAXIS Slim 先進国株式インデックスと同様に、eMAXIS 新興国株式インデックスから信託報酬が引き下げられたファンドとなります。

※以前紹介したファンドに関しては、過去記事をご参照ください。

 

www.hitobashiratoushi.com

 

ではeMAXIS Slim 新興国株式インデックスの特徴を、さらに細かく見ていきましょう。

 

【ファンドの特徴】

・運用会社:三菱UFJ国際投信

・純資産残高:21.02億円

・分配金:なし

・購入手数料:なし(ノーロード)

・信託報酬:0.2052%

 

f:id:kadhinaru:20171217201005j:plain

 

主な特徴はこんな感じです。

新興国株式系のインデックスファンドは、先進国株式に比べて若干信託報酬が高いのですが、こちらのファンドはかなり信託報酬が低く魅力的です。

 

新興国株式は国内や先進国の株式と比較して、値動きも激しく損をする可能性もあるので、コストが少しでも抑えられるのは嬉しいですね!

 

ここ2回で紹介したeMAXIS Slim シリーズと同様に、かなり有力な投資先だと思いますので、これからインデックスファンドを購入する方は、検討する価値があると思います。

 

■スポンサーリンク

 

ということで、今回は私が購入を検討しているファンドについてお伝えさせて頂きました。

これから株式投資を始める方は、良かったら参考にしてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク