S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに毎日21時、月火木金土7時ブログを更新しています!

■スポンサーリンク

英語が話せる方法とは?

どうもー、S.Y N(シン)です。

 

本日は読書投稿日ですので、オススメの本について紹介していきます。

 

■スポンサーリンク

 

まずは現在の読書数についてアップデートです。

 

■現在の読書数:335冊

■短期目標:500冊

 

それでは今週ご紹介する一冊はこちらです。

 

■難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

  • 作者: スティーブソレイシィ,大橋弘祐
  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2017/07/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

本書は私が愛読書としている、「難しいことはわかりませんが」シリーズの英会話編です。

 

このシリーズの本は、初心者に取って非常に分かりやすく構成されており、読者のことを考えて作られている本だと思います!

 

また、全編通して有識者との会話形式で話が進むため、テンポ良く読み進めることができるのも魅力です。

 

今回は「難しいことはわかりませんが」シリーズの英会話編の中から、特に勉強になった点を3つご紹介していきます。

 

f:id:kadhinaru:20171217192454j:plain

 

【勉強になった点3つ】

1.釣り竿表現

 

最初にご紹介する釣り竿表現とは、日本語でいう「大丈夫」、「よろしくお願いします」と同じで、それを知っているだけで色々な表現ができる便利な言葉のことを言うそうです。

 

これを英語で考えると、「would you 」、「may I 」という表現が当てはまります。

 

実際、相手に何かして欲しい時は「would you 」と言いながらジェスチャーする、自身が何かしたい時は「may I 」と言いながらジェスチャーすれば、ある程度コミュニケーションが取れるようです。

 

これは目から鱗な考えで、英会話のために難しい単語を覚えるのではなく、汎用的な表現からマスターするのは、非常に効率的だと感じました!

 

 

2.発音のコツ

 

次に勉強になった点は、発音のコツになります。

 

やはり英語を勉強する方にとって、ネイティブのような発音には憧れる方が多いですよね?

 

実際私もその一人なのですが、この本で英会話の先生が説明するには、巻き舌でそれらしい発音で話してもネイティブにとっては非常に聞き取りづらいらしいです…

 

では、どうすればネイティブらしく話せるかというと、カタカナ英語を早く読む方が、よっぽどネイティブも聞き取りやすく、また発音も良く聞こえると説明されています。

 

確かに日本語で考えても、あまりにブツ切りで話されるより、ある程度のスピード感で話してもらった方が聞き取りやすいので、会話のスピードは大事なんだと思います!

 

是非発音に悩んでいる方も参考にしてみてください。

 

 

3.道案内の表現

 

最後にご紹介するのは、道案内の表現です。

 

海外からの観光客が増えてきたこともあり、道案内をする機会も増えてきました。

しかし、意外と道案内の時にどういった表現で説明したら良いか困る方も多いのではないでしょうか?

 

本書ではそんな時の便利な表現も説明してくれており、それが「It’s that way.」となります。

 

目的地を指差しながら、この表現を使えば大体どちらの方向かが伝わるようですね。

 

確かに自身が海外に行った時に細かい道案内をされても、よく分からなかったりしますし、「ここの道路を渡って~」のように説明されなくても、大体の方角が分かれば勝手に道路は渡ります笑

 

相手に分かりやすい表現を心がけて、少しでも観光客の方に楽しんでもらえると良いですね!

 

■スポンサーリンク

 

ということで、今週は英会話に関する本について紹介させて頂きました。

より詳しい内容が知りたい方は、是非本書を読んでみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク