S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに週14回8時、20時にブログを更新しています!

MENU ■スポンサーリンク

【株式投資】SMT 新興国株式インデックス・オープンの特徴

どうもこんにちは、S.Y N(シン)です。

 

木曜日ですので、本日は長期株式投資の運用実績と、私が購入しているファンドの詳細について説明していきます。

 

まずは今週1週間の運用状況です。

 

 

運用状況

f:id:kadhinaru:20171016224315p:plain

 

インデックスファンド

  • ニッセイTOPIXインデックスファンド(1年2ヵ月目)
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド(1年2ヶ月目)
  • SMT 新興国株式インデックス・オープン(8ヶ月目)

 

アクティブファンド

  • 投資のソムリエ(6ヶ月目)
  • ニッセイ健康応援ファンド(6ヶ月目)

 

ポートフォリオ

f:id:kadhinaru:20171016224323p:plain

■運用益(+10.4%

■当面の目標:100万

 

10月に入っても非常に好調な流れは続いており、先週は毎日プラスでした。

そのお陰もあって早くも月次プラス10000円を超えましたね!

 

この調子でプラスが増えていくのか?それとも選挙が終わったタイミングで一気に株価が下がるのか?非常に興味深いですね。

 

■スポンサーリンク

 

それでは先週に引き続き私が購入しているファンドの詳細をお伝えしていきます。

今回はこちらです!

 

SMT 新興国株式インデックス・オープン 

このファンドは新興国20ヶ国以上、約800銘柄に投資をしているMSCIエマージング・マーケット・インデックスに連動する投資結果を目指すインデックスファンドです。

 

前回、前々回で紹介したニッセイTOPIXインデックスファンドとニッセイ外国株式インデックスファンドは主に先進国が対象でしたが、SMT 新興国株式インデックス・オープンは主に発展途上国をメインに取り扱っています。

※ニッセイTOPIXインデックスファンドやニッセイ外国株式インデックスファンドに関しては、過去記事をご参照ください。

 

www.hitobashiratoushi.com

 

ではSMT 新興国株式インデックス・オープンの特徴を、さらに細かく見ていきましょう。

 

ファンドの特徴

・運用会社:三井住友トラスト・アセットマネジメント

・純資産残高:190億円

・分配金利回り:なし

・購入手数料:なし(ノーロード)

・信託報酬:0.648%

 

f:id:kadhinaru:20171016225205j:plain

 

主な特徴はこんな感じです。

前回紹介したニッセイTOPIXインデックスファンドなどと比較すると少し信託報酬が高いですが、これぐらいなら許容範囲だと思います。

 

何よりこのファンドの魅力は、新興国に投資している為、リスクが少し大きい反面、大きいリターンが狙える点にあります。

 

と言っても、そこまでギャンブル要素が強いわけではなく、あくまで先進国のインデックスファンドと比較すると少しリスクが大きい程度です。

 

まだ何の株も購入していない方には先進国インデックスファンドの方がオススメですが、既に先進国株を購入している方は、自身のポートフォリオへ組み入れを検討してみてはいかがでしょうか?

 

■スポンサーリンク

おわりに

ということで、今回は私が購入しているファンドについてお伝えさせて頂きました

これから株式投資を始める方は、良かったら参考にしてください(´∀`)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

次の株式投資に関する記事はこちら!

www.hitobashiratoushi.com

■スポンサーリンク