S.Y N(シン)の人柱投資

20代SEです、投資をテーマに毎日21時ブログを更新しています。月:グルメ、火:ゴルフ/ゲーム、水:その他、木:株式投資、金:英語、土:書評、日:不動産、金、仮想通貨、Youtube投資、という感じで曜日ごとにテーマを決めて投稿していくので、興味のあるジャンルがあれば参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

アプローチで右手首を使ってしまう場合の対処法

どうもー、S.Y N(シン)です。

 

本日火曜日はゴルフ投稿日なので、引き続きゴルフスクールのレッスン内容について投稿していきたいと思います。

 

 

先週に引き続きアプローチをピッチングで練習しているのですが、相変わらず苦戦しています…

 

7番アイアンであれば簡単に当てることができていた的が、ピッチングで打つと一向に当たりません( ;∀;)

 

とくに低めに設置された的を狙うのはかなり力加減が難しく、少し振り幅を大きくするだけで、大分的の上をいってしまいます。

 

そうすると右手で力加減を調整しようとしてしまうので、どうしても右手首を捻ってしまい悪循環に陥っていました。

 

そこで、コーチからアドバイス頂いたのが、握り方を変えて練習する方法です!

 

f:id:kadhinaru:20171007203156j:plain

 

このように右手でクラブの少し下を握るようにして、的を狙います。

最初は握り方にかなり違和感があったのですが、慣れてくると普通に打てるようになっていきました。

 

確かにこうすれば右手首を捻ることは無くなるので、右手は固定してクラブを真っ直ぐ押し出すイメージでスイングすることができます。

 

後はスイングの幅だけで力加減を調整すればいいので、以前に比べて大分的に当たりやすくなりました!

 

勿論本番ではこういった持ち方で打つことは無いですが、右手の動きを身体で覚えるという意味では、かなり効果的な練習方法だったと思います。

 

こういった練習方法は1人で練習していてもなかなか思いつかないので、やはり可能であれば誰かに見てもらって練習すると良いですね。

 

f:id:kadhinaru:20171007203508j:plain

 

ということで今回はアプローチで右手首を使ってしまう場合の矯正方法について紹介させて頂きました。

ピッチングでのアプローチを練習する際は、良かったら参考にしてみて下さい。

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

 

本当に上手くなるゴルフレッスン【ゴルフテック】