S.Y N(シン)の人柱投資

20代SEです、投資をテーマに毎日21時ブログを更新しています。月:グルメ、火:ゴルフ/ゲーム、水:その他、木:株式投資、金:英語、土:書評、日:不動産、金、仮想通貨、Youtube投資、という感じで曜日ごとにテーマを決めて投稿していくので、興味のあるジャンルがあれば参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

英文法:C(補語)とO(目的語)の違い

どうもー、S.Y N(シン)です。

 

金曜ですので、本日は英語学習について投稿していきたいと思います。

 

前回まで英文法のO(目的語)について、説明してきましたので、今回からC(補語)についてお伝えしていきます。

 

C(補語)はO(目的語)と似ているので、各々の違いに着目しながら、C(補語)について理解していきましょう!

 

 

C(補語)とO(目的語)の違いですが、一言で言うと下記のような違いがあります。

 

■C(補語)

主語や目的語を説明する。

 

■O(目的語)

動詞の目的を説明する。

 

ではこの違いを詳しく理解する為に、第2文型(SVC)と第3文型(SVO)を例にして見ていきましょう。

 

■第2文型(SVC)の例文

I am happy.(私は楽しい。)

 

■第3文型(SVO)の例文

I play baseball.(私は野球をする。)

 

それぞれ簡単な例文ですが、この2つの文には大きな違いがあります。

 

第2文型(SVC)のC(補語)は、S(主語)である”私”の状態を説明してますよね?

※私の状態が楽しい…意味が通ります。

 

それにひきかえ、第3文型(SVO)のO(目的語)は、S(主語)の状態は説明していません。

※私の状態が野球…意味不明です笑

 

O(目的語)はS(主語)の状態ではなく、その名の通りV(動詞)の目的を説明しているわけです。

つまり、play(~をする)⇒何を?⇒baseball(野球)という構図が成り立っているんですね。

 

そしてこれを理解している前提で、簡単にC(補語)とO(目的語)を見分ける法則があります。

 

それがこちら!

 

・S=C(私=楽しい)

・S≠O(私≠野球)

 

この法則を使えば”S(主語)”と”動詞の後にきた単語”の関係を見て、C(補語)とO(目的語)を見分けることができますね。

 

では、C(補語)とO(目的語)の違いが分かるとどういった問題が解けるのか?

次回の投稿ではその辺りに触れていきたいと思います。

 

f:id:kadhinaru:20170909194203j:plain

 

ということで今回はC(補語)とO(目的語)の違いについてお伝えさせて頂きました。

これからTOEICの学習を始めようという方は、参考にしてみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

 

【無料カウンセリング】ライザップがTOEICにコミット!