S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、IT、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに毎日21時、月火木金土7時ブログを更新しています!

■スポンサーリンク

英文法のO(目的語)とは?

どうもー、S.Y N(シン)です。

 

金曜ですので、本日は英語学習について投稿していきたいと思います。

 

前回英文法でV(動詞)が取る第1文型から第5文型について投稿しました。

その際に出てきたO(目的語)について、今回は詳しくお伝えしていきます。

 

f:id:kadhinaru:20170827213234j:plain

 

ではまず、O(目的語)にはどのような語句がくるのか?

 

答えからお伝えすると、名詞、代名詞、動名詞、不定詞(名詞句・名詞節を含む)がきます。

勿論これだけではピンとこないと思いますので、それぞれ詳しくお伝えしていきます。

 

 

まずは目的語に名詞がくるパターンを考えて見ましょう。

 

①I open the door.

 

これはthe doorが名詞であり、目的語ですね。

意味は「私がドアを開ける。」となります。

 

 

では続いて目的語に代名詞がくるパターンです。

 

②I love you.

 

youが代名詞であり、目的語ですね。

意味は…いいですか笑

 

 

続いて動名詞がくるパターンです。

 

③I enjoy traveling.

 

travelingが動名詞であり、目的語ですね。

意味は「私は旅行が好きです。」です。

 

 

まだまだあります、続いては不定詞のパターンです。

 

④I want to work.

 

to workが不定詞であり、目的語ですね。

意味は「私は働きたいと思う。」となります。

 

 

最後に名詞節のパターンです。

 

⑤I know that he is rich.

 

that he is richが名詞節であり、目的語ですね。

意味は「私は彼がお金持ちだと知っている。」です。

 

 

さて、ここまでO(目的語)にくる型についてお伝えしましたが、当然これが何の役に立つのか?と疑問が生まれますよね…

 

今回お伝えした内容がTOEICの問題などを解く上で、どのように効果を発揮するのか?

 

その点については、次回の投稿でお伝えしていきますので、取り敢えず今回はO(目的語)にくる型をおさえておいて下さい。

※少し先になりますが、動名詞や不定詞、名詞節についても後日触れていく予定です!

 

ということで今回はO(目的語)にくる型についてお伝えさせて頂きました。

これからTOEICの学習を始めようという方は、参考にしてみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク