S.Y N(シン)の人柱投資

不動産、株、金、仮想通貨、YouTube、英語、簿記、読書、グルメなど投資をテーマに毎日21時、月火金7時ブログを更新しています!

■スポンサーリンク

ゴルフスクールで学んだ、アイアンの素振り練習で注意すべきポイント

どうもー、S.Y N(シン)です。

 

本日はゴルフ投稿日なので、引き続きゴルフスクールのレッスン内容について投稿していきたいと思います。

 

今週からいよいよアイアンのスイングに入っていきますが、アドバイスをもらう量が多いので、少しずつ紹介していきますね。

 

f:id:kadhinaru:20170819221449j:plain

 

前回アイアンの素振りを練習する際に、まずは構えから固めていくという内容をお伝えしました。

 

構えが固まってくるとスイングの練習に入るのですが、いきなりアイアンをスイングするのではなく、この棒を使用します。

 

f:id:kadhinaru:20170819220927j:plain

 

少しアイアンより長いこの棒は、重さが両端で異なり、綺麗なスイングを身につけるためには、これで素振りすると良いそうです。

 

そして素振りする時に頂いた最初のアドバイスですが、軸をブラさないように意識することでした。

 

棒の先端が重いので、ついつい身体全体を使って体重移動してしまうのですが、それだと身体が動くのでボールには当たらないそうです。

 

勿論下半身の体重移動は大事ですが、身体ごと動くのはNGということで、理想としては頭の位置が変わらないこと、と教えて頂きました!

 

ということで、その点を意識しながらひたすら素振りします。

 

 

素振り素振り素振り

 

 

大体1レッスン100回ぐらいでしょうか?

結構汗だくになりますね笑

 

ゴルフスクールに通っていて思うのですが、基礎練習にかける時間が非常に長いです。

 

恐らくゴルフを始めた方はボールを打ちたくてしょうがないと思いますが(僕もそうです笑)、結局基礎をしっかり固めた方が上達は早いんでしょうね。

 

その辺りは部活で練習していた経験から、何となく分かってはいるのですが、我流で練習するとやはりボールを打つことが中心になってしまうので、そういった意味でもゴルフスクールはオススメだと思います。

 

 

ということで今回はアイアンの素振り練習ついて紹介させて頂きました。

素振りの練習をする際は、頭の位置が動かないように注意すると良いようなので、良かったら参考にしてみて下さい。

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!

■スポンサーリンク