S.Y N(シン)の人柱投資

20代SEです、投資をテーマに毎日21時ブログを更新しています。月:グルメ、火:ゴルフ/ゲーム、水:その他、木:株式投資、金:英語、土:書評、日:不動産、金、仮想通貨、Youtube投資、という感じで曜日ごとにテーマを決めて投稿していくので、興味のあるジャンルがあれば参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

インカムゲインとキャピタルゲインの違い

どうもー、S.Y N(シン)です。

 

先週、不動産投資について投稿した際に、キャピタルゲインの話を出しましたので、今週はインカムゲインとキャピタルゲインの違いをお伝えしていきます。

 

f:id:kadhinaru:20170818194132j:plain

 

まず結論からお伝えすると、インカムゲインとキャピタルゲインの特徴は以下の内容になります

 

・インカムゲイン:資産を保有していることで、継続的に受け取れる収入

・キャピタルゲイン:保有している資産の価値が上昇することで、売買時に得られる収入

 

これだけだとイメージが付きづらいと思いますので、不動産投資を例にして具体的に説明していきましょう!

※不動産投資以外でもインカムゲイン・キャピタルゲインという言葉は使われます。

 

では1000万円のマンション銀行からお金を借りて購入したとします。

 

仮に月々の返済額と金利、管理費、修繕積立金を合わせると、5万円の出費だとしますね。

 

そのマンションを月々6万円の家賃で貸し出すことができれば、月々1万円の収入が入ります。

この収入がインカムゲインです!

 

 

続いて、その購入したマンションが1200万円に値上がりしたとします。

 

値上がりしたマンションを売却して、そこから仲介手数料や税金などを除くと50万円残ったとしましょう。

この場合マンションの価値が上がって50万円の収入を得たことになるので、キャピタルゲインが発生したことになります!

 

f:id:kadhinaru:20170818194854j:plain

 

投資をする上では、このインカムゲイン・キャピタルゲインの両面から考えるのは非常に重要です。

 

例えば家賃収入が毎月5万円あったとしても、購入した時に2000万円だったマンションが、売る時に1000万円では損するかもしれないですよね?

 

逆に値上がりが期待出来そうで1000万円のマンションを購入したとしても、毎月の家賃収入より支払いの方が多ければマンションを持ち続けるのは難しいかもしれません。

 

これから不動産投資を考えている方は、広告などに記載されている、家賃収入が多い!という言葉だけを鵜呑みにするのではなくマンションの立地から考えて価値は上がりそうか?という面からも検討することをオススメします!

 

ということで今週は不動産投資に絡めて、キャピタルゲインとインカムゲインの違いについてお伝えさせていただきました。

不動産投資に限らず株などでもよく目にする言葉ですので、投資に興味のある方は参考にしてみてください(´∀`)

 

最後までお付き合いありがとうございましたー!